FC2ブログ

ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

すごいジャズは~素晴らしい!

sugojazz
今日も〜眠い!
また色んなしかも劇的な数種のストーリーの夢。
そして民謡も流れた。

先日体験レッスンを受けた人の入会が決まった。
オレは必ず「ON・OFF 〜tension・release のメリハリ=基本フォーム&groove」の話をする。
ドラム(音楽・リズム)に興味持つとしたらこの辺(リズム間の良し悪し・フォームが良いと・良いタイミング・良いサウンド・疲れにくい)に興味を示さないのであるなら音楽に向いてないと思った方が良いであろう。

「すごいジャズには理由(ワケ)がある」
読み直す。面白い!
ほぼ内容を覚えていないユージの脳は〜オ〜脳〜!
なのであった!

それにしてもPSさんの観察力は素晴らしくすごい!
〜「ジャズの真のチャレンジは、弾きながら本当に聞いていることだ」これはつまり「自分がやったことをきちんと覚えている」と言うことです。
自分がやったことをきちんと覚えていなかったら、
それはよく聴いてなかった証拠と言う事ですね。
パーカーには「もうすぐ面白いハーモニーが来るから、32小節前に吹いたモチーフをもう一度そこで使ってみよう」といった発想があります。

〜ビーバップ時代の荒くれミュージシャン気質は有名ですね。フィリップさんはビバップ時代を知っている人々と知り合うことができた世代だと思うのですがエピソードありますか?

〜すごいよ〜「あんた最悪」「邪魔」「帰れ!」「出て行け〜!もう来るな」なんて言われるのは当たり前の世界。
言うまでもなくタイムはジャズの命ですから、
そしてタイムがダメだったら全部ダメと言う事ですから、要するに「お前は根本的にだめだ」ということです。
〜フィリップさんもタイムが悪いんですか?
〜当時は悪かったんでしょう。
このことがあって1年以上、
来る日も来る日もメトロノームを使ってどんなテンポのどんな複雑なリズムであっても、
そしてどれだけ弾き続けても絶対にテンポが狂わないように猛練習しました〜

〜とにかくジャズで危険なのは「筋肉パターンを脳みそが覚えてしまう」ということです。
しかも筋肉パターを脳みそが覚えた方がアドリブは楽。だけど音楽は筋肉パターンじゃない。
ここが難しい。

まったくです!

興味深い話満載〜チャーリーパーカーのウィズストリングス〜また聴きたくなってAmazoってしまうユージ。


リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<練習・lesson日誌827 | ホーム | 練習ノート?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |