FC2ブログ

ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

ユージ講師怒る?と青山さん数日日記

「やる気ないんだったらもう帰れ!」
ドアを開けながら怒った!

ジュニア(小学生)生徒にはドラム・音楽を極力楽しんでもらいたいと考える私は、
極力怒らないことを良しとしていたのだが~「やる気ないんだったらもう返れ!」
怒れるユージここに有り!
とうとう堪忍袋の緒が切れた?
っていうかちょっと甘やかし過ぎたのかも?

「帰るか?それともやるか?」
にしょうがなく頷いたJr.生徒。
すると俄然やる気になった様子、
レッスン終了し帰りしな〜
「やれば出来るんだし、上手くなるんだから、
頑張ったね」肩をポンポン。
いつも挨拶もしないJr.「さようなら」
珍しく会釈し帰って行った。
次は〜大丈夫なんだろうか?心配Uジ講師

なんせ生徒のセットが真横なんで観てるだけで治りかけの首が~痛い。
頻尿再び?3~4度寝ユージ。
眠いし腰も痛い~気管支も再び悪化、
終始いがらっぽく咳き込んだりで、
自分の体調にイライラつのってばかり~って愚痴るユージ。

ユージの一人ゴッツ

精神的に〜 ブルース

横で叩く生徒のタイミングの影響位で崩れに崩れるオレのドラミングは、
「やっぱヤバいだろう!」と考え4バースで自分のタイム感を空き時間に練習。


ルービは頻尿度増すからあかん!

譜面頼りの生徒〜「貴方は耳を鍛えなさい!」
テキストをしまう。

groove〜心地よさ〜ブランコ〜振り子〜
相対する 存在〜やっぱオンとオフがあって初めて抑揚が生まれる!

過去のトピックがF.Bで出てきた。

知人からBSで放映されたドラマー青山純氏のDVDを借りた。
ヤマハドラム教室で師匠(GEORGEさんとキッパリ書かれていた)にダメ出しさ、
悔しかったことが日記に記されていた。

オレの場合のGeorge語録の一つは〜
「そんな風呂ん中で屁をこいてるような音じゃ駄目だ~!」だった。

やっぱ悔しかった。
どうやらあの人は人を悔しがらせ喜んでいた節がある事を後々理解。

教える時、より良くなりたいと考えている時、
時々トコ(日野元彦氏)さんの言葉が思い出される。

その中に「ナチュラルな音」っていうワードがあって、決して力ずくとかでなく、
自分の腕やスティックの重さを感じ、それを利用し、
ここぞ!
というタイミングで握ってあげると♪~タァ~ン
といった乾いた良い音が響き渡り、
それこそが「ナチュラルな音」となるのです。

4分音符一つでさえ、
あるいはリズムパターンやシンバルレガートでも、
上手い具合、この法則に則っている時、
至福感さえ感じるのです。

宗教用語に「三位一体」っというのがあるが、
巧くショットした時にはその快感が存在するのです。

・スティック
・躰(指 腕 筋肉)
・打点(楽器)

それにはやはり(シツコイが)…
「on」「off」「tension(緊張)」「release(解放)」のメリハリ

となるのである。

これが巧く作用した時、
もう風呂の中の屁~なんて、
言われないのであったぁ!

明日はoff(昨日だってoffだったジャン)。
海をでも見に行って来ようかなぁ~なぁ~んて…チャンチャンこ~!。


原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ドラマーを育て巣立てる2020】 | ホーム | 【ドラマーを育て巣立てる2020】後半とユージの攣りばっか日誌>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |