ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

あぁ~教えることで教えられる多くのこと大き!

RES
あぁ~教えることで教えられる多くのこと大き!
メトロノームをポッケに入れ、
今日のウォーキング 118で〜polyrhythm
tempoを80に変えて三拍子でウォーキング。


先日神谷組発表会Live終了!

発表会ライブ終えて
「あぁ疲れた~俺って下手だろうって思っちゃう」サリーさん。
ミーツーです。
slow waltz jazz ballade特に難しい、
8beatちょっと油断するとハシルしで、
けっこう神経使ってヘロヘロとなり、
打ち上げは一次会のみで帰宅。
練習課題として~slow waltz ヤバし!~とメモ。

皆さんお疲れ様でした~読んでくれてないと思うけど~thanks~!

次の月曜4Bars音源(4小節click有り、無しのエンドレスリピート)で試す、
一人だけだと~結構キープ出来てる~って~こらこら他人のせいにしちゃダメですよ~。

ジャズドラムのSジイさん。
マイルス・デイヴィスのFOUR(フォア)を課題曲と、
アプローチのアドバイスをし音源を欠け放置したら重くって音源から置いてけぼり!

これも技術的な問題ではなく、
ビートの何処を(オンかオフか?ダウンビートかアフタービートか?)焦点とするか?
常に口酸っぱく言っている事を意識出来ていたら解決する問題であり、
オフビートの重要性と「タンタタの法則(タンはリリースしアップストロークタタがテンションでアクセント)」、
何度もレッスンに取り入れているので「またなんとか音頭になってますよ」少しアドバイスで解決しました。


歌う・楽器をプレイする。
リズムの事を理解する事で解決することは大きいと思います。
「もし一年くらいボーカル習った人のテクニックが俺の体にポッて入ったら結構良い歌い手になると思うと」
なんて生徒に言いつつ、
ついつい音源に合わせて歌いたくなり、
リズムは流石に良いが音程の酷い歌を口ずさんでいて、
それを聴かされる生徒はいい迷惑だ~って^ホットイテェ~。

リズムワークショップ7・9(日曜)
1部~・「躍動の法則=offにテンション」弱いオフビートを鍛えてより高きココチ良さへ。
2部~・簡単なパーカッションパートでBrazilとCubaのリズム調味料を 楽しみながら知る。
3部~な~んちゃってな感じでジャズドラム~swingとは?を学びます。

「自分の好きな音楽を自分の好きなグルーヴでやりたい!」って言うのなら私は何も言いませんが、
「スイングさせたい!」っと思うのであるならば、
「ジャズだから、即興だから自分の好みのノリで良いじゃん!」
と考えたら大間違いです!
そのノリがAfrica~America経由のグルーヴだったら良いんだけど、
日本特有の味噌醤油味何とか音頭ノリだったら大間違いです!
次のbeatに躍動していく感じが全く違うのです。

例えば~私の生徒が神谷組に混ぜてもらって「Scrap From The Apple」やりました。
イントロやテーマが私にはbop的でとってもユニーク~
(譜面では書き切れないパーカーの歌い方~・ハネる・ハネない・中間のメロディーに注目)に感じるから勧めたのでした。

♪~インチキインチキ~~♪ってきこえてたシンバルレガートが、
♪~チキィイ~ン チキィイ~ン~♪って聴こえるようになってきて「良くなってきてると思うよ」きよばぁ~も、
サリー爺さんも褒めていました。 
~そういうおれもユージジジイ~でユジイ~って ホットイテェ~
clickをダウンビートに聴きながら歌うのとアフタービート聴きながら歌うのではグルーヴは断然違います。
~ウォーキングで着地を「on」「off」試すのも効果的~、
色んな曲を歌って試してみて下さい、
それだけでもリズムトレーニングとなるでしょう!


これからララララ~ランド観に立川へ!
えぇ~ラが多いって?
それくらい楽しみなのラ~ってことなのであった~チャンチャン~!
原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<体調が〜イマイチ〜風邪の初期症状カ? | ホーム | 神谷組サポートと仏陀は〜べ〜スケだった〜ァ!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |