ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

「タンタタの法則」〜!

多摩川
もう満員電車は嫌だイヤだ。
知らない同士の身体が触れあっちゃうのって変じゃないすか?イライラしてしょうがないって感じるオレが変なのでしょうか?

興味深く「Voice of BLUE」読み出す。
やはり「歌」が大事~!
確かに~チャーリーパーカーやディジーガレスピーや多くの偉大なミュージシャンは耳を頼りに切磋琢磨し、恐らくもの凄い量の練習とセッションを経、
自分のスタイルを確立したと思う。
後にそれらのデータを収集され、学ばれ、
理論にまとめられました。
確かに理論から入る方が曲(コード・ハーモニー・スケール)に対するアプローチがやりやすくなる事があるかも知れないが、楽曲の本来持っているテーマ(メロディ+ハーモニー)を尊重すべきがおざなりとなってしまう傾向を私もよく思いません。

やはり「タンタタの法則」~タンタタを叩くのではなく、
タタタンをウラ(例えば4拍目など)から叩く~
ってのが自分なりに素晴らしいアイデアだと感じ生徒にはズ~っと発信しています。
しかし!
身体がそれに反応し「ホントだ~凄い」って感じるまでは理解不能でしょうね?
この~タタタンをウラから~説を唱え、
数年掛かって「最近分かってきました」という10年以上の生徒Kさんもいれば、
「これって凄いです誰もこんな教え方してくれたことありません、だってこれだと合理的ですもんね~」
って最終学歴中卒(ヤマ○には内緒)のアイデアを、
音楽専門学校出身のピアノ講師は数ヶ月で理解した場合もあれば、今日ジャズドラムの体験レッスンで~オフにテンションを掛けると躍動感が増す~
タタタンをオフからの説に目を輝かせた人もいる。
~ほんと~面白いですね。

でも理屈抜きでこの辺を理解しちゃう才能ある人たちもいれば、私のように10年位のくらいの時間を要するケースもあり、あぁ~だから説明出来るんですね~。
あぁ~才能なくて良かった~んなぁ~ワケないだろ!
チャンチャン~!


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<使われない脳は〜オ〜脳〜! | ホーム | ~TOMBOMISTORADA>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |