ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

クマラ

417昨日はアンサンブルワークショック
先日ドラム講師でもある山ちゃんが、
「一ヶ月休会させてください」と言った。
「今日はジャズを~」「今度メセニーの曲をやるんですけど~」
「あの~ラテンのノリって?」「ワルツはジャズの場合~」
持ってきてくれる色んな課題は全部クリヤー、
さらにおつりが来るくらいのアドバイスだ(自画自賛)!
多くの悩みは私の過去のモノと一致しているので対処法を私は知っているだけなのだが~
今回一度冷静に考えてみたいのだそうだ、
「先生と一緒にやるとすごく理解できるんだけど、家に帰ると~」
「ここでのレッスンの重要さはとっても分かるんだけど部屋に戻ると~」
それに私はこう答えた「それ~皆一緒みたいなんだよねぇ」。
すごく効果的と思われるヒントも、
理解する(身体が)にはやはり時間が掛かるのですね~。
その会話を聞いていた次レッスンのピアノ講師が、
「やっぱり音楽って深いんですね~」だって。
そりゃ~私がうん十年悩んだ内容が数ヶ月、
あるいは一年位で理解出来るはずもないのか?
イヤイヤ、理解できたら凄い時間の短縮になる?と私は思っています。
楽器(歌も)はある程度まで伸び率が大きいのだが、
上達とともに伸び率は当然少なくなってきて、
ある時期から止まったように感じるときがある。
ここ最近特に感じ、発言するのは、
「手足一つずつがそれぞれのパートを歌うように独立させないと音と自分が一体出来ないです」と言い、まずは一つずつのパートを歌わせ、
さらにエアドラムでシミュレーションさせてからプレイさせます。
生徒や音楽の楽しさ、重要さを理解して欲しくて自分が立ち上げたアンサンブルワークショクが無事終了し、感無量です!
お~祭りの後の寂しさよ~
あぁ~ 楽しかったぁ~打ち上げ!
~そっちかい~!

「先生の前では家で出来たことも出来なくなっちゃうんですよ」
とか「優しいのは分かるんだけど、波動が強い!」
「まるで独房に入ってるみたいなんですよ~ってコラ~生徒のちかし!
俺の存在が緊張を呼ぶんだってぁ!
そういう生徒が一人や二人じゃないらしい~それってどう言うこっちゃ?

打ち上げではまるでドラマのようにみなそれぞれの役割を演じているように感じられ、
とても楽しかったです。
生い立ちから当然音楽・リズムの話、
さらに宇宙人のとか~UFOを見た音やんの話とか~
俺の「クラマって神様の親玉が~」
に音やんは「あぁ~サナト・クマラね~」(やっぱ知ってるんだ)
「六万五千年まえに金星から鞍馬山に降りたんだって、
その鞍馬山へいつか行きたいんだよね」
に音やんは「登りました、神社があってエキサグラム(ユダヤ教か何かの神聖なるマーク)があってヤバかったっす」その後~プレアデス人 シリウス人~などの言葉が行き交う。
別れ際音やんと、
「ベンジャミンクレーム(かなり前からマイトレーヤが地球に降り立ち大宣言を行うという発言)さんって知ってるでしょ?」
「うんうん講座に行きましたよ」
「この間亡くなったんだ」
「へ~へ~?」
そう~不思議な会話でしょ~チャンチャン!

如何にして最短で楽器習得が出来るか?
を考える日常、
奥の自分とつながる要素も大きいと感じ、メモしたユージです。
あぁ~祭りの後よ~

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日のオフ | ホーム | 明日はアンサンブルワークショップ!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |