ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

ドラマガ文春日記

ドラマガ
ドラマガと文春と間違えて持ち帰ったブラシ日記

買い物はSEIYUが多い。
が!
最近SEIYU近くに出来たサミットに行ってみたら、
〜夕方の割引といすげぇ良いじゃんい(セコイ)!
これからは〜サミットだねぇ〜
って、どうでも良い話ですが皆さんごきげんいかがですか?
〜って有名人か!

レッスン朝一の生徒が休みという事で朝練、
いつもはウォームアップにメトロノームベリースローで行うところを、
色んな音源を使う事にしようとプレーヤーの中身を探していたら、
Dave Grusinの「mountaindance」発見!

〜ハーヴィーメイソンのドラミングに「何でこんなプレイ(フィルインのタイミング・アイデア)が出来るんだろう?」不思議でしょうがなかった。
今では〜オンへの意識よりもオフへの意識の強さ、
オンよりもオフをビートを感じる糧としている事を理解〜

このアルバムは結構気に入っています。
昔、立川のバーキャレ(キャバレー)でこのタイトル曲を何度かプレイし、
その都度ひっくり返ってしまったザンネンな苦い記憶がよみがえった。
〜よくバンマスが色んなジャズの譜面用意してプレイしたよな〜

その次はジャズの名盤、
シダーウォルトンのライブピットインを使う。

今よりもザンネンだった私の過去、
ロックからラテンからヒュージョンからジャズなど、
色んな音源を使って練習した時、
決まって「イマイチフィットしないとなぁ」という思いがそれぞれのgrooveにあって、
それが今ではどんなgroove(ノリ・リズム)でもフィットしてる感アリ!

気のせいでなけりゃ良いけど〜チャンチャン〜!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<辛島さんありがとうございました。 | ホーム | Dear Old Stockholm 曲のフオームとドラムのフォーム日記>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |