ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

タンタタは宇宙の法則!


レッスン日誌
土曜は。朝10時〜夜8時30までのレッスンで歯抜けに休み時間があるとは言え、約11時間の拘束は疲れます。
そして今日は2時間レッスンのツーポイント。

ここ最近の私の課題はフットワークと椅子の高さです。
昔読んだデータに〜
ドラマーの動作をスポーツカウンセリングの人に見てもらい、運動に見合う椅子の高さは〜やや膝が下降する程度が良い〜が、私の記憶にあります。
〜ちなみにシンバルの響きも、
ブームスタンドより一本だけのシンプルな方が良い!
という結果も読んだ記憶があります。
何でブームスタンドが流行ったのか?
タムなどのセッティングが大幅に増え、
その為に遠くのスタンドからシンバルがセットできる為に開発されたのに、
普通のセットにもかかわらずブームスタンドにしたがる某教室の講師がいて毎回直す講師が俺だ〜
椅子の高さは腰の腰痛と、
ポンタ氏の「高い方が足を落とすだけで良い」の影響でズッと高くしていました。
時々低くすると腰への負担増が感じられます。

しかしサンバ系のフットワークのやり辛さ時々考える私、
単に筋力が歳と練習量によって落ちた?
考えていたある暇な日、椅子を
・高め〜膝の角度が結構広い
・中位 〜膝が少し下がる
・低め〜腰と膝が同じ位、膝の角度が約90°

で、サンバ系、16beat系 ジャズ系 ラテン系(サンバ系よりも不規則)色んなgrooveを試してみた結果、
ほぼ定期的な運動には中位〜低めとの、
マッチングが良く、
ジャズ・ラテン系の不規則ん方は高い方がマッチすることを理解〜って言うまぁ予想出来そうな内容ですが。
〜体系的な問題や練習の質次第もあるようですが〜

そして今!
私はヒールダウン(踵下ろしたままのキック)で全てのgrooveをプレイしようと考え、練習に取り入れています。
踵下ろすと腰回りの安定さは増すのですが、
音量と持久力への不安を考え当分頑張る予定だが先日、
ヘルニアと脊柱管狭窄症のせいか?
右足首が動かなくなり練習取りやめましたとさ。
オー脳!
そして来週はリズムワークショップ!
【タンタタの法則は宇宙の法則】
レジュメ製作に取り掛かるUージであった〜チャンチャン!


原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もうじき221 rhythm・workshop 日記 | ホーム | 今日は良い日となりますように〜>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |