ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

別にサックス奏者なるわけでなく〜

908別にサックス奏者になるワケじゃ~

なんでもそうだと思うのだけれど、
ジャズにしろドラムにしろ、
入り口はシンプルで楽しい方が絶対良い~!

何かもっともっと学びたい!
と思ってサックスやベース奏者になるわけでもなく教則ビデオ買いまくる。~他にもAmaゾり~精神的にオカシイユージなようだ。

歳とると~「飯ぁ~まだかい?」「さっき食べたでしょ~」
志村けんのコントよろしく物事に鈍感となり、
知らぬ間に熱中症となる場合があるってきいてオレは~大丈夫だぁ~!
って思ってたらぁ昨日ヤバかった。

ウォーキング中、足がツり、体調がおかしくなった。
帰ってエアコンを入れ一休み。
夜もエアコン入れたら爆睡だった。

って事は?ここ最近の寝不足は、
歳のせいで鈍感になっていたってぇのかぁ~?
オー脳~!

土岐さんのビデオも面白いのでメモしながら観る。
「まずペンタトニックスケールから入ります」
に「出たぁ~なんとかスケール、ヘアトニックなら知ってるけどぉ~」
やっぱ理論から?
と思っていると、
カラオケに合わせまずは1音(ルートF)でアソぶ。
土岐さん~生徒と~そしてあなたの番ってなってオレもアソぶ。
~アーティキュレーション、ブレスの位置、細かい歌い方、ニュアンスま でを真似ることがポイントである~

次に2音~EbとF、あるいはFとAbで遊び、
3音へ~Ebと Fと Abで遊び、
音を足していきます。
音(耳)から情報が入ると聴いたことのある音の並びに「これがペンタトニックかぁ~」納得したのであった。

また話が面白い!

・音が汚いって言われてて一時サックスのプレイを聴かなかった。
マーヴィン・ゲイの歌い方がヒントになった。

・吹奏楽時代、練習法にメトロノームに合わせて8分音符ってのがあって、違和感を感じ8分(2連と発言している)と3連を交互にプレイする方法をとった。 これでストレート(2連)とスイング(3連)が同時に感じられる。
~ポリリズムじゃん!
 これ講座やレッスンで言ったりやったりしてる内容です~

・バラードなどビートを細かく感じないと良いプレイは出来ない、
 といって「ド~ンパ~ンのスネアのタイミングをツクタツクダパァ~ン って細かく感じないと吹けない」
~オフビートを知るにはsubdivision(細分化)が大事!
 これもレッスンで言ったりやったりしてる内容です~

・ドラムはリズム、サックスはメロディー って考えはおかしいんだよ、
 どっちも同時なんだから!
~ドラムは打楽器の部類に入れられるけど結局は歌ですから~

・エチュード エクササイズには必ずどんな意味があるのか常に考える

・良いプレイをしようと考えるよりも最低ラインを上げるようにとらえる

・ボリュームとテンションは別!

さすが〜いいこと言ってます〜チャンチャン〜!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人生いろいろ〜! | ホーム | 「ピアニストは語る」と人間ってアバウト〜?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |