ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

今日もボナ〜!

今日も暑いな〜Lessonダァ〜

807今日もリチャ~ド・ボナ

音楽・リズム・ドラムの楽しさ(その為にも苦しい部分も)、
そして素晴らしさを伝えるのが教える側の役目である。

ちゃんとアレンジがなされ、
今からその作品をご披露する場合などの特殊な例を除き、
ドラム譜を見ながらプレイする事に違和感を前から感じている私、
レッスンでは極力譜面を使わない。

例えばスネアドラムのパートを4種覚えさせ(4回以上歌わせてからプレイさせるなど)、
「今日のハットは3でやってみよう」
ハイハットハットのパートと組み合わせて遊ぶシステムをよく使う。
~ベースドラムもシンプルなものを提示(歌って)~
慣れてきたところで音源を使います。
その場合~
「順番通りでなくて良いから、ドチタチだけで良いからね、
やりたくなったら(響いてくるパート)プレイして」

NAKANO・special~◆「シェイク四天王」
1・ウ~ン タ~ン ウ~ン タ~ン
2・ウ~ン タ~ンウタウン タ~ン
3・ウ~ン タンウタウ~ン タ~ン
4・ウ~ン タンウタウタウンタ~ン

◆「ハット四天王」
1・チ~ン チ~ン チ~ン チ~ン
2・チンチンチンチンチンチンチンチン
3・ウンチ ウンチ ウンチ ウンチ
4・チキチキチキチキチキチキチキチキ 
~etc。

自分的に先日ダウンロードしたリチャ~ド・ボナの新譜がヒット!
気に入るとレッスンでも使いたくなり、
昨日は体験レッスンでドラム初心者でもリズムの話(「on」「off」「tension」「release」)の後、
「私の好きなラテンの音楽に合わせてみよう」使ってしまった。

「夏だし、オリンピックも始まったことだし今日はLatinにしよう」
この日最後の生徒(手足にコントトールされやすいやや時間掛かり目のホテルカリフォルニアが仕上がりそうだった)~ガク~っとコケた。
「もしかしたら無理かも?」なんて思いながらの提案だったのだが、
予想外の良い感じに、
「あれ~?何時もより良いじゃん」
「そそ~うですねぇ、何か体に入ってきたような気がします」
「もしドラム教室に来なかったら、
 キットこういう音楽とは出会わなかったよねぁ」に、
「絶対そうだと思います」
大きく頷いた。

そして今日も~安心して下さい~リチャ~ド・ボナ~使いますよぉ~チャンチャンこぉ~!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<groove・リズム~今一度? 2016・8/12 | ホーム | リチャード・ボナと「レッスン日誌」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |