ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

リズムワークショップ

アート
12・~リズムワークショップ~長い!
リズムワークショップにはドラムに限らず色んなパートの方がみえます。
「どう風にリズム(ビート)にノったらよいのか分かりません」
「グルーヴするってことはどう言うことか知りたくて来ました」など、
当然グルーヴ(ノリ)に興味を持った方が主です。

私の教えたい事(モノ)を要約するとグルーヴです。
ドラマー100人に「グルーヴとは?」と聞けば、
おそらく100通りの答えが返ってくると思われるほど、
グルーヴは抽象的なワードなのです。

この「グルーヴ」をレッスンをはじめ、
リズムワークショップなどでは万人にも極力判りやすくするのが私に求められるミッションなのだと考えています。

世に存在するもので本当に良いとモノには、
品質、値段、使い勝手、見た目~など、
幾つかの素晴らしいと感じられる要素によって出来ています。
そしてそれは、音楽、そして「グルーヴ」もそれに当たります。

私は「グルーヴ」を「ココチ良さ」と定義しました。
より高きココチ良さへの要素も、
多いほどに至福感が増すことは言うまでもありません。

・正確性(正確性を越えるケースも多々ある)、
・楽曲におけるフィット感
・躍動感
・インパクト
・感動&至福感 
・etc、

私の中で「グルーヴとは?」は、
ほぼ体系的にまとまっています。

上記した数種の要素は、
「五つのgroove&pulse」ビートを体現的に学び、
リズムの要素(躍動の法則)を知ることがそのグルーヴを知る最短であることを知っています。

グルーヴを身体が知ることで表現力は当然増します。
リズムワークショップにおける私のミッションがこれなのであった~!

興味ありましたらゼシ~!
二部「なぁ~んちゃってラテンアンサンブル」
三部「なぁ~んちゃってジャズドラム」もよろしく!
って、結局は~宣伝か~チャンチャンこぉ~!

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リーコニッツ面白い! | ホーム | 下町ロケット 読み終わる!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |