ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

どこまで教えられることカ〜?

1107ドコまで教えたら~!
音楽なんか教えることなど出来ない?
感性の部分など尚更だ。
ただ、ヒントなら教える事は可能だと思っています。

時々「ドコまで教えたらよいのだろう?」
悩むことが実は多々あるのです。

昨日もベリ~疲れぇだった。
特に金曜日は場所柄なのかジャズドラムが多い。
~およそ九割がジャズドラム~

こう言っちゃ語弊があるかも知れないが、
ジャズドラムはロックや8ビートに比べ、
4分音符をスイングさせるためにもオフビートの重要性、
意識がどうしてもポイントとなってくる。
~私の認識では最終的にロックもジャズも、
 ノること=オフビートの問題がポイント~

それは練習の時でも、
本番の時においても、グルーヴ・スイングしている時、
得も言われぬ快感が存在し、
まるでリズムの法則に則った感覚を味わっていることがある。
この辺に皆を連れて行きたい(感覚を理解して欲しい)のだが、
とても言葉などで表現できる範疇にない部分なのである。
しかし、その部分を知って欲しい、
そして導きたい! と考えるところに矛盾が?
うーむ〜チャンチャン〜!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<The impressions とlesson日誌 | ホーム | 習う事のメリットデメリット>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |