ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

音符よりも音楽を〜!

先日地元(長野)宗賀小学校リズムワークショップで作成した資料についてピアノやビオラ経験者でもある教頭先生が、
「パァ~ンパウンパン…って書かれた文字よりも譜面の方がありがたい」という発言に、
「それは音符に強い人の発想ですね、
元々は歌や言葉がリズムになったりメロディーになったりするワケで、
便宜上の記号よりも歌の方が大事なんです」
っという話から、
譜面から入っちゃうと自分の音(パート)を理解しないうち手が反応し弾いてるのでは~?となり、
「むかし先生に左手のパートをユックリでよいから右手で弾いてみなさいと言われて両手なら何気に出来ていたのに全然出来ませんでした。
それぞれのパートを理解しないまま、
音符と指が直結して演奏してたのだと思います」に、
「書いてあるからでなく、音符がどういう音を欲しがっているのか?
が大事なのであり、その音は、ココ~っていう強いイメージが優先されるべき何です~それには何時脱力するか?」
…などというお話で盛り上がった。

「音符ではなく音楽を!」
著者であり演奏家でもあるチャオ・ユアンプーのインタビューがまた素晴らしい!
インタビューに10年掛かりだったというクリスチャン・ツィマーマンのブラームス・ピアノ協奏曲の出来、そして彼の人間性の素晴らしさを知っちゃったら~そりゃ聴くしかないじゃん~速攻でAmazoりそれが届く。

さらに本中に出てきた「シャンドール・ピアノ教本(身体・音・表現)」にも興味を持ちこれもAmazoる。
夢であるドラム・リズム本のよき資料・ヒントとなる予感がしたからだ。

あぁ~当分カードでお買い物~止めるはずだったのだが~チャンチャンこぉ~!
原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スケールと自業自得ゥ〜❗️ | ホーム | 塩尻ビート道場の記憶>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |