ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

「黒人リズムの秘密」すげぇ~タイトル

黒人リズム



腰の腰痛体操の後立ち上がった時、
懐かしい本と目が合い手に取ってみた。

それは~「黒人リズム感の秘密」だ。

タイトル凄い。

著者は、トニーティーという愛称でアメリカに渡りマイケルジャクソンともステージを共にしたダンサーという七瀬誠一郎氏、
1999年2月発行となってる。

・・・内容(「BOOK」データベースより)
なぜ黒人スポーツ選手の動きはリズミカルなのか?なぜ日本人はリズム感が悪いのか?どうすれば黒人リズムを体得できるのか?
 単身で渡米し、プロダンサーとして大成功をおさめた著者がすべての疑問に明解に答える、必読の一冊・・・

当時(今でもだが)オレもアフロ・アメリカンのリズムの感じ方と我々とは一体何が違うんだろう? 
ズッ~と考えてた時期においての遭遇であり、

~こうい出会い、タイミングも「縁」と言えよう~

「オレもドラムやリズム、グルーヴの本書きてぇ~」
って思ったのはこの本がきっかけだったんだぁ~!
ってのを、今さっき思い出したのであった。

「体内メトロノームを体内リズムボックスへとアップグレイドさせるんだ~!」
などと、本中に使われている「体内リズムボックス」というワードもlessonで勝手に使わせて頂いております。

一番大きいと考えられるのがダウンビートとアフタ~ビートの差ですかね~?
他にも・・・

・間合いの大事さ
・脱力
・先天的要因と後天的要因

この夏休み、
今一度読み直してみようと思った。

私が書こうとしている「offbeat」の重要性を身体が知り、
インディペンデンス(手足 色んなpulse(ビート)の同居)させていく方法の良き指針となる模様です。

勿論今後の原稿に向かうためだ。

誰にも頼まれてもいない~リズム本の原稿・・・

♪~着てはもらえぬ~セーターを~♪

編んでしまう都はるみの気持ち~よ~く分かるんだなぁってかぁ~チャンチャン~!

 
原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夏休み後半 | ホーム | 津村和彦との想い出「人民の敵」by イプセン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |