ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

The impressions 津村和彦追悼Live

827Theimpressions
iPod160ギガ~とうとう壊れる!
リセットも何しても充電してあっても・・・もう~うんともすんとも言わん。
寝室の(と言っても二間しかないけど)コンポが数回壊れ、
今のはCD音飛びが煩わしく音楽を聴く時はiPodをUSBでつないで楽しんでいたのにノニ!
そう言えば~iPadノニもあるんだけど、
容量少なぁ~。
私の平熱は~34・5~35・5。
それが風邪と診断され、2週間くらい36度以上が続いてる。
朝方咳き込んだり、目が覚めたり、
オフの日は、昼からビール飲み出したり、
精神的にも・・・チョット~?
明日は叔母ちゃんが亡くなり通夜に行ってきます。
そんな中~嬉しい依頼が!
母校長野県・宗賀小教頭先生より・・・
中野祐次様 ご無沙汰しております(^_^)
公民館と連携して地域の方、子どもを対象とした講座の企画を頼まれました。
そこで中野さんに講師になっていただき、リズム講座のようなものができたらなと考えました。
公民館の希望では10月24日の宗賀地区文化祭の場面でどうかということでしたが、
ご都合はいかがでしょうか?
他の土日でもかまいません。
会場は宗賀公民館か宗賀小です~って、
速攻で「喜んで」とメールする。
親愛なるギタリスト、
津村和彦に対する追悼文をF・Bなどで目にするたび、
書かれている人達の奥深い文章に感動してしまい、
津村の彼の偉大さを改めて感じる。
と、同時に「オレそな名文書けない」と思ってしまいます。
でもね~エラそうに言わせて戴くと、
付き合いの長さでは負けないのだ(勝ち負けではないのだ)!
昔も、今でも、それほど著名でない我がバンド「The impressions」、
結成は30年以上前に遡ります。
本拠地は・・・府中の分倍河原にあった「BABEL2nd」・・・はアマイ甘い!
その前身「ナチュラルボックス」なのでありました。
今思うと素晴らしいミュージシャンが我がバンドThe impressionsを支えてくれました。
その中、一番長く我がバンドを支えてくれたのが津村でした。
したがって正直これからの~The impressions考えると辛いです。
生徒達に8月27日 The Impressionsのフライヤーを配ると、
彼の素晴らしさを知る人達は皆、
きまって寂しい仕草をします。
一つの慰めは~津村が亡くなった瞬間に近い時間、
奥さんの典ちゃんからの電話で教えて戴いたことです。
もしも~亡くなったのを知るのが数日後だったりしたら・・・それは悲しい!
津村が亡くなった瞬間、
速攻で津村と久しい(おそらく深く愛してる)人達と、
impressionsメンバーに「残念ながらたった今、津村が息を引き取ったって~」メールしました。
すぐに電話が返ってきたのが二村でした。
実は、去年、ギターの三井さん、
ビブラフォンの有明さん主催のセッションで、
saxの宮野さんから、
「津村君癌なんだった?」
と聞き「えぇ?この間一緒だったけど、良いplayしてたけど~」
と応えました。
「でも電話した方が良いんじゃない?」
と宮野さんに言われ帰ってから電話すると津村の声が~霞んでいました。
電話を切った後、
悲しくなって、泣きました。
でも「おっとおっと~死ぬって決まったわけじゃないんだから~」と自分を慰め、
何回か見舞いに行きました。
~典ちゃんの介護は素晴らしかったです~
そしてその後津村は復帰し、
このまま行ける!
と思ったある日、
津村が肺炎を患い緊急入院した!っていう情報がはいってきてビックリ!
そして津村は帰らぬ人となりましたが、
私にとっても、多くのファンにとっても、
津村和彦はForever~永遠です!
前にもupした文章を今一度・・・
親愛なる津村和彦 永眠す。
もう永く、30年以上? 
impressionsを支えてくれた素晴らしき相棒が本日永眠した。
ショックだった。
もちろんその哀しさは典ちゃんはじめ、家族の比ではない。
食道癌から復帰しplayは再開された。
とはいえ手術でがん細胞全部は取り切れなかったと後で聞いた。
先日奥さんの典ちゃんがFacebookで肺炎で緊急入院!と発信、
ビックリと同時にイヤな予感がした。
典ちゃんにメールを出すが戻ってこない、
~それどころじゃない状況~
8月にThe impressionsのLiveが決まっていて、
メンバーと店で相談し合い、
それを「津村和彦復帰チャリティーライブ」と決定する。
津村の様子が心配なのと、ライブの了解のため典ちゃんに電話する。
余り芳しくない内容に愕然とする。
「もしかしたらもう覚悟をした方が~」典ちゃんの弱気な発言に、
「もう一回は復帰するから」と根拠のない発言しか出来ない俺。
そして今日のオフ、
津村のことを気にかけながら府中の森公園へ行った。
紫陽花を観賞しながら「望まれる人、望まれない人、望まれるから長く生きられるとは限らない現実、
人生って何だろう?」感慨深かったです
頃合いを見計らい典ちゃんに電話、
すると何時もより声が少し上ずる典ちゃん、
「いま苦しそうなのでマッサージしてるの」、
「じゃ後で電話します」
というやりとりがあった頃から辺りは曇り始め、
そして大雨となった。
雨宿りをしてるその時携帯が鳴った、
発信元は典ちゃん・・・ドキ!
「今さっき息を引き取りました」涙声だった。
オレも朦朧としてしまい、上手く受け答え出来ず・・・。
「何か出来る事があったら何でも言ってね~」位しか言葉が浮かばなかった。
「もう出来ること全てやった」と昨日も口にしてた典ちゃんには感謝です。
そして皆でがんばった津村ファミリーにも・・・。
あの時の大雨は・・・きっと典ちゃんはじめ津村家の哀しみの涙だったのだと・・・思った。
帰り際、
天に向かって「津村 今までありがとうね」
とつぶやいた。
すると・・・「中野さんこそありがとう~」
そんな声が聴こえたような・・・
8月27日 The Impressions ライブを
【津村和彦追悼LIVE】と予定しています。
セッション出来る時間も設け、
津村氏と縁のあった方々多くの方々の参加お待ちしております。
・中野祐次 ds
・二村希一p
・サリー佐藤bs
・後藤勝per
・柿沼 寿枝vo
・guest 鈴木典子vo
何卒宜しくお願い致します。
ライブネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<津村和彦との想い出「人民の敵」by イプセン | ホーム | 暑い日は君をアイスとハービーハンコック>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |