ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

今日も研修サポート

「忘れられるのがコワイ」って、生前言ってたという事をつい最近知人のメールで知った。
でも、皆、細畠洋一を知る者は忘れない〜永遠に〜Foreverなり!

今日はヤ◯ハのピアノトリオ研修ドラムでサポート参加。
毎年頼まれていた去年はインフルで参加出来ず。
シゲさんが演奏中現れ、ブラシで演って〜というジェスチャーを受け、
ブラシに持ち替えplayすると笑顔でVサイン〜の絵を、
研修のたびに思い出すのであった。
例え亡くなっても多くの人に愛され続けるシゲさんの存在も永遠なり〜Forever!

研修では「最後にドラムの先生にgrooveの話を〜」
突然フられる事があるので心の準備して行くとぉ〜
「今日は時間無いので〜」ってんでフラれる事もある。
でも一応心の準備をぉ〜⁉️

◆「躍動の法則」= 「off」に「tension」
groove・swing〜 ココチ良さ!
・安定(パワー) ・不安定(躍動感) 〜ちょっと強引?
例えば4分音符を手拍子、あるいはスティックを持ちスネアドラムやカウベル、
あるいは練習パッドを叩く時、

ダァ〜 ダァ〜 ダァ〜 ダァ〜「on」にtension(意識)
> > > >
1 2 3 4
◆ ◆ ◆ ◆ 手拍子・スネアドラム
アァ アァ アァ アァ 「off」にtension
> > > >

〜 swingでは3連の最後(up beat)

・上 〜onにtension =力強い〜重い
・下〜 OFFにtension =軽い〜次のビートへと転がる感じ
では明かにfeel(感じ)が違う。
〜実際Lessonや講座などで試すが、同じ結果が出て面白い〜
似たテンポであれ、レッドツェッペリンの8beat、
そしてEarth Wind & Fareの8beatにおけるgroove(ノリ)は違う。

〜私的には、大雑把なpulseとパワー、片や細かいpulseを感じ、
「off」を意識したシャープな感じ〜

〜swingも、「on」を強調するか?「off」を強調するか?で、シャープな印象になったり、
レイドバックしたfeelとなったりするのである。
色んな楽曲(groove・ノリ)に出逢うたびにバランスを考え、
コントロールしていく作業を無意識のうち出来てしまう才人もいれば、
何がどういう風に違うのか? 分析し、
楽曲によってコントロールする私(凡人)がいて、
さらに何気に考えなくplayし、出来たつもりになってるザンネンな人も〜?
人生シマクラ、人も色々ですな。

棒ヤ◯ハ受付嬢やら床屋のオバハン、そして昨日も受付おばさんにもぉ、
「オレのオリジナルForeverが母校の下校時に流れることになったんだよ〜」
自慢しまくりドラおやじ。

人生における点と点が線でつながって縁が生まれ、
その人のドラマが出来上がる。Forever〜を考えてみたら

〜中学時代女子にモテようとフォークギターを始めた、
っていうど助平根性が作曲の原点なんて笑える!

この自慢も恐らくは〜Foreverなり〜(笑)




リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<impressions・Live @ オルガンjazz倶楽部2015・1・13 | ホーム | Forever >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |