ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

リズムワークショップと師走


●「リズムワークショップ」by~山野楽器有楽町
12月28日・・・なんていう差し迫った年末にやる!
っていう勇気、というよりもこの日しか調整が出来なかったのでしたぁ~!

当日のメインは・・・【五つのgroove&pulseで解決~!】
「rhythmやgrooveは、理屈とか言葉などではなく、
色んな音楽を沢山聴き、練習していくうちに身体にやどるものだ~!」と考えていた時期もあったのですが、
より良く演奏するには~? を考えた場合、
何気に練習するのではなく、自分にとって何が足りないのか?
をなるべく具体的に知ることはとても有意義でしょう。

ドラムをplayするにおいて、自分の過去足りなかったモノと、
ドラマーを習いに来る初心者の多くに感じられる足りなかったモノはほぼ「up beat」で一致します。
そしてそれはドラマーに限られたモノではなく、
全てのパートにおいても重要なポイントなのだ!と確信を持っています。

groove(ノリ)に興味ある方は~ゼシ(江戸っ子か?)。


師走オレ走る~?

やっぱ天気の良い日はココチ良いす。
多摩川までwalking&ストレッチ、メトロノーム55でェ~。

一昨日のLiveではbeatの女神が微笑んでくれたような気がした。
とても新鮮にココチよくplay出来たのは、単に久しぶりだったからではなく(それもあると思うが~)気のせいでないことを祈る!
っていうのも、生徒への課題とした「4分音符のみplay」の効果が、
生徒だけでなく自分にも返ってきたように感じたのです。

「4分音符」といっても色んな表現法がある。
長い音符、短い音符(8分~3連~16分~ドラムの場合は~その意識)、フォルテ~ピアニシモ~、
怒り~ユーモア~etc.
もう永遠なように自分には感じられる(そうなるべきだと感じる)。

特にお勧めは…clickを「on」に聴きながら色んな4分音符。
さらに8分ウラに聴きながら~、
そして3連オシリや16分オシリ~それぞれのオシリに効くのはボラギノ~ル~失礼!

オシリに聴いて効果的なのはぁ~「up beat(ザンネンな人に特に足りない要素)」だからなのです。

しかも…4bars(4小節音有り4小節音無しのループ)音源でこのexercise!
音が無くなった頼ることの出来ない4小節でどんな4分音符を?
するてぇ~と、否応でも緊張感は増し(実践的)、
間合い(=off beat)を感ぜずにはいられないでしょう。

理論など関係なく出来てしまっている少ない人を除いて、
多くのザンネンな人にとっての理論はレシピと同じなのです。

グルーヴにおける究極は~timeはあれど、beatの魔術師のごとくフリーな表現~!
でも~ザンネンな人が叩いてフリーに聴こえちゃうのとは~大きな違いだぜぃ~日々発見~チャンチャン~!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<寒いのでモモヒキ二枚バキ〜コメントの応酬 | ホーム | ■【日本はなぜ基地と原発を止められないのか〜!‼️>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |