ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆ 1010早起きは三文の得~!

横濱ジャズプロ

1010早起きは三文の得~!
1キロのダンベル持って昨日に続き軽い軽運動。
腹筋背筋スクワット~と言っても軽い軽運動。
何時まで続くことやら~!
今自分的にハマっている練習法。
それは「4分音符しかplayしないでぇ」っと言う、
とてもシンプルなexerciseどえす。
clickを使う(オン~オフ~アフター~アップ色んなタイミングで)方法をハマったが、
今回はDTM(ヤ●ハ教材用)を使うのだ。

トラックはclickとベース(あるいはベース単独にしたりギターカッティングえお加えたりの薄いサウンドとする。
メトロノームと対峙するのも体内rhythmboxのアップグレードに適しているが、
DTMを使うことによりハーモニー感やgroove(他のパートとの一体感)が感じられる。

「4分音符のみ」と言っても~リムショット~タム~両手でヒット~ダイナミクス~色んな歌い方があり、自分で試してみてビックラこいたのです。
したがって生徒にもこのユニークさを楽しんでもらおうとやらせてみたのだが…
「何も考えずにやってることがよ~く判りました」と昨日の生徒は悟った。

今でこそ4分音符にも意味大有り~!
と理解するのだが、理解出来ていなかった過去を思い出した。
それはサックス奏者山中さんのリハーサルの時だった。

「4分音符はとても重要なんだ、これからALLThe things you areをやるけど、
シンバルは4分音符のみ、ベースもピアノも、
そして僕も4分音符のみでやってみよう~!」っていう機会があった。

今でこそその重要さは理解出来るが、
正直~「そんなことに意味があるのかなぁ?」
「つまらない~」って当時思った。

はたして昨日の生徒は悟ったのか?
あるいは~正直~「そんなことに意味があるのかなぁ?」
「つまらない~」って思ったのかもしれない~チャンチャン~!

写真は数年前のジャズプロムナード by ランドマークタワー
いつも来てくれる生徒達よ、
今回はランドマークのステージではなく、
NHK横浜放送局1F(神奈川芸術劇場に隣接)11:30~です。
TOMOKO アルトサックス, ソプラノサックス
大森史子 ピアノ
サリー佐藤 ベース
中野祐次 ドラムス
Ludwig Nunes パーカッション
Mari パーカッション
Sayo ヴォーカル
MAMI ヴォーカル
ネットで調べたら〜我らTOMOKO’ 無nd ≒ mundo 〜トモコ・ムンドムンド〜の後はァ〜
なんとjazz界の大御所ォ高橋知己さんではないですかァ〜!
〜って事はァ〜アァ〜やっぱギターは津村じゃん!
オォ〜イエイ!

http://jazzpro.jp/7990


き~て~ねぇ~!






強調文
原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<横濱ジャズプロムナード無事終了〜! | ホーム | 日本jazz~素晴らしい~!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |