ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆【練習&Lesson日誌】Groove・gym

グルーヴジム

今日の【Lesson日誌】長いよう〜すんません!
風邪〜治ったようなぁ〜それとも単にスリクが効いてるだけ?
でも〜中の一つ、飲み薬のズイマァ〜なこと!

ここ最近TV付けない。
ラジオだと「このアナウンサー、きっと美しい人なんだろうなぁ?」
「どんな顔してるのだろう?」
想像力が働き(どんな想像力やねん)、
TVで政治家の顔見ると腹立つし、第一シ〜メがズイ〜マァ〜になっちゃう。

本日体幹トレーニング〜十分で飽き、着替えてLesson現場は有楽町は。

まずはレクトーン講師でもあるUさんはBossaNovaに入った。
BossaNovaの基本パターンは8ビートなどと違い手足バラバラに近い運動的要素が加わって難易度は高い。
〜でもとても良質は難易度と言える〜

「ではBossaNova入りまぁ〜す」と言っても、
直ぐにドラムセットには座らせません。

♩〜タァンタウンタンウンタンタァアン〜♩
♩〜たんたんたタスクぁタスク歌うタンタタ淡々〜♩

まずは覚えて欲しいタンボリンパターンを覚える。
〜譜面見ないでも歌えるように何度も歌って覚える〜

まずはビートにノることを優先させます。

Groove・gym(身体の上下運動)をさせながら〜

・シェイカーを振らせます

・タンボリンパターンを手拍子〜実際タンボリンをプレイ(Groove・gymの動きをキープ)〜テクニックよりもビートにノる!
そして揺れるようなココチ良さを常に同居させる〜が断然優先!
〜ビートにノる=off beatを知る〜

良いサウンドを〜音源は「Eliane.E- BossaNovaStories」

BossaNovaのfeelを身体に仕込ませ、
「じゃ〜ドラムセットに座って」
と言っても例の〜
♩〜カツツカツツカツツツカツツカツツ〜♩
〜上半身
♩〜ドゥチドドゥチド〜♩
〜下半身
な基本パターンをいきなりやらせるワケじゃござんせん。
一つ一つのパタート(右手だけ〜左手だけ〜など)を、
まずは歌うように(歌わせながら)プレイさせ、
サウンドとマッチした時のココチ良さを味わってもらいます。

そしてそこにオプション(ベースドラムを〜ハイハットのゴーストモーションを〜など)を加えて行きます。
〜以前は早めに全てのパートをやらせようとし、無意味な難易度アップを反省〜

人間苦しいだけだと何も学びません!
そこに〜楽しさ〜良い意味での緊張感〜そしてココチ良さ〜が無いとダメです。

宿題は〜「要するに手足のインディペンデンス(独立性)が大事、
したがってドラムセットなくてもイメトレ(膝叩き&床トントン踏み)で十分良い練習になるから基本系を目標にしてね!」っとなった。

◆お次はドラム講師でもある山ちゃん。

速いビーバップ〜
「ではやってみて」
Tempo=280
ベースウォーキング音源を掛けた。
そしてモノの4小節も行かないうちに〜
「ちょっと待ったぁ」コールが早々響いた。

以前にもこの辺(「タンタタの法則」after beat・off beatにtensionで躍動感はup)仕込んだつもりだが、良いことは中々身につきません。

メトロノームを140とし〜これをafter beatのタイミングに聴きながら〜
Groove・gym、そして「一緒に歌って」と怒鳴り、

♩〜ディ〜ンチァ〜グディ〜ンチァ〜グディンシンシィガディン
ディガディガディンディン ウンパッパラァッパッパラァ〜♩
約3分。
今一度音源に合わせて見ると〜良くなってる。
速攻で止め「さっきと違うでしょ?」
すぐに止めたとのには意味があります。
脳にその違いを記憶させるためなのです。

最終的には〜
「何気に練習しちゃダメだよ〜常に歌うように〜遊ぶような練習したらぁ〜」
毎回口を酸っぱく言っているアドバイスとなった。


◆老人ジャズドラマーOさんは、
教えなくてもoff beatを持っていて驚いた!

swingが大好きで、良く聴いて真似するコトがイメトレとなり、
それが結果を生んだ良い見本です。

ただ、お歳なので〜色々と〜お忘れに〜。
その一つが〜
・コンピング(右手シンバルレガート、左手でスネアドラムにて愛の手)四天王〜
No.1〜ウンウンウンタウン
No.2〜ウンタウンタウンタウンタ
No.3〜ウタンタンタウタンタンタァ
No.4〜歌タンタタうたたうたたうたた

これを4小節ごとにチェンジさせて行くexercise。
一緒に〜
♩〜ディ〜ンチァ〜グ ディ〜ンチァ〜グディ〜ンチァ〜グディ〜ンチァ〜グ
ディ〜ンチァ〜グディ〜ンチァ〜グウンウンウンタウン( No.1 )〜♩

プレイする前に歌わせることで4小節感も付くのです。

ハイ〜良く出来ました。

もう長く習っている某生徒が〜
「何も浮かんでこない」という発言を、
「おかしいなぁ〜常に言ってるようにコンピング四天王出来、
応用までいったら自然と浮かんで来るはずなんだけどなぁ〜」

コンピング四天王を復習させたら〜それも出来てないので、
オイラ、愕然です。

やっぱ〜何気に練習しない!
何が足りないのかを理解し、
それにはどんな方法があって、それにはどうしたら効果的なのか?
常に考え、歌って体の中に具現化させる作業が大事なようです〜
〜そういったヒントをレッスンで与えています〜


さぁて〜これから後半戦〜レッスン行ってきまぁ〜!
原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【練習&Lesson日誌】ハイハットフット | ホーム | これは家宝じゃ〜!thanks〜!宗賀>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |