ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

【Lesson日誌・・・ボサノバはぁ~?手足バラバラ状態が望ましいか?】とてもユニーク練習法

ヤバい!内臓脂肪が~ヤバい。
炭水化物減らすと、基礎代謝率も減ってしまう。

何事もバランス&コントロールなのでしょうか~!
運動したいけど~両膝が悪いし・・・歳とると~脂肪が落ちません~あぁ~あ!


lesson日記・・・前日一人目の生徒さんがそうだったように、
この日の一人目もやはりエレクトーン講師だった。

折角買って頂いたテキストよりも、明らかにラテンやswing、
リズムに乗ることの重要性を学びに来ていると思われ、
ここ最近ラテンのgrooveにハマっています。
前回はキューバ系だったので今回はブラジル系としました。

ブラジル系の練習ではタンボリンパターンやスルドパターンなど基本的なリズムは何回も歌って覚えさせます。

~フレーズに慣れたらGroove・gym(身体の上下運動)を加え、
ココチ良さをさらにアップさせて行きます~

どうしても譜面に目が行く場合~譜面を隠します。
~けっしてイジメではござんせん。

【ボサノバ基本系】なるドラムの譜面をを見ると、
手足バラバラに近い状態です。
bossa nova

割と難なく出来てしまう生徒もいるのですが、
この~難なく~が曲者です。

無機質?と言おうか、抑揚の無さ=ニュアンスが感じられない?

歌心が足りない~とも言えますが、
大きな要因として考えられるのは、
各パート(両手両足)がコントロールでしょう。

◆手足バラバラ状態におけるindependence.と、
数種のbeat(パルス)を同居させるindependence.
がポイントとなるのです。

その為考えついたユニークな練習法が~これです。
independence.~独立的要素、早い話が~手足バラバラ体操?
です。

■基本系
○1段目~下半身は8分音符におけるダブルストローク
上半身はダブルストロークおける16分音符

○2段目~下半身キープしたまま上半身は3連符のダブルストローク
~この辺がpolyrhythm的要素となります。

polyrhythm練習法

えぇ~? ドラム無いから練習ムリムリ下半身って?
いえいえ~椅子に座って手で両膝を叩き、

足は床を軽くトントン~楽器はなくとも練習は出来るのです。

○3段目~16分音符から6連符のダブルもpolyrhythm的要素です。

ダブルである・・・右右左左~が余裕で出来ましたら・・・右左左右(変速ダブルと呼んでいる)でも挑戦してみましょう!
更に・・・パラディドル(右右左右 左左右左)もトライしてみましょう!

ポイントは~歌うこと

バランスを知りこれらをコントロールする~!
これに限る~しかし~脂肪は~管理不能~チャンチャン~!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<■明日はimpressions〜よろしくお願いします。 | ホーム | 【リズムのザンネンな方の場合】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |