ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆【ポリリズム〜実は楽しい〜!】【Lesson日誌】


◆【ポリリズム〜実は楽しい〜!】

いきなりですがァ〜おれはジキコかぁ?

漸く膝の痛みが薄らいだ〜と思ったら、
今度は左目が痛い〜生徒が「ものもらいカモ〜?」
っていうので、
「だったら誰か何かちょうだい!」という発言に
生徒は〜唖然だったぁ。

おれはジキコかぁ? 失礼

昔「健康の為なら早死にしても良い!」っていうくらいの健康オタクでジムに通い、
プロテインを飲み〜泳ぎ、歩き〜やり過ぎで風邪ひきやすくなり、
右肩を壊した辺りから軟弱になって来た。

内臓脂肪も増えて来て減らないし、
もう歳〜っすか〜?ってここでボヤいてどうする。

ポリリズム〜実は楽しい〜!
polyrhythmとかポリフォニックとか、
そんな言葉など知らなくとも、
表現力豊かなアーチストは自然と身に付いているようですが、
ザンネンな私は〜これって〜どうなってるの?
といった疑問からあぁ〜これが世に言うポリリズムかぁ〜!
理解するところとなるのです。

何故にポリリズムが良いのか?
トリッキーさからメンバーや聴衆を驚かすコトが出来る!

などではなく、ビートへの視野が広がるのです。
一度シッカリ体に仕込むコトができると応用は元より、
ビートはまるで3D 、立体的なイメージで捉えるコトが出来、
それは幅広い表現力へと繋がるのでは?と私は考えています。

例えば魅力的な女性が目の前にいたとしましょう!
顔と服装からその人の性格や人間性など想像するでしょう?
ところが、視野が広いと、斜め上から〜
斜め下からも観るコトが出来るのです。

エェ〜例えがイヤらしい? すみません。
でも分かり易いでしょ? (苦笑)

それ位ポリリズムはユニーク存在なのです。

しかし!レッスンなどでヘタなハマり方をしたら大変です。
レッスン終了後、生徒たちは?マークをそれぞれの頭辺りに数個ずつ点滅させ、
・・・・???・・・・首をかしげながら帰って行くコトとなり〜ました〜って過去形カヨ! ・・・ハイ。

ヘタをすると〜退会! もあり得る話なのです。
〜コワァ!

したがって、解りやすくなおかつ楽しめるストーリー、
手立てを考えるべきなのです。
例えばこんな風に〜

皆さんも是非試してみて下さい。

ジャズドラムにおけるウォームアップに3連符アクセントチェンジ(1小節チェンジ)があります。
一つ目〜二つ目〜三つ目〜そして四つずつ〜がワンクールです。
スティックコントロール3連符

この中〜❹〜四つずつ〜がポリリズム的要素です。

今回は、これをすぐにプレイさせないで歩きながら歌わせるところがポイントです。

・歩きながらアクセントのタイミングで手拍子しても良いし、
左右の手が届く辺りを叩く(アクセントを強調)のも良いでしょう〜
〜アクセントのタイミングを「ト」としてタム、
他の「タ」がスネアドラム〜という風に音色、パートを変え、
まずはビジョンを強いモノとします。

❶トタタ トタタ トタタ トタタ
> > > >
❷タトタ タトタ タトタ タトタ
> > > >
❸タタト タタト タタト タタト
> > > >
❹トタタタ トタタタ トタタタ
> > >

・・・図ではズレてます〜

トタタも良いですが、
〜1タタ 2タタ 3タタ 4タタ〜カウントにしてアクセントを強調するも効果的です〜!
ポリ1

ポリ2

❶〜❸〜ドミソ ドミソ〜音階をつけても良い
❹が〜ドミソドドミソドドミソド〜 etc きっとここで〜アラァラァ〜ココは何処?
私は誰〜?状態となる人が現れると思いますが〜どでしょ?

ポリ3

そして多くの生徒は〜【A】となるはずが〜【B】
アクセントに足がリンクしてしまう〜しかしまぁこれが整理的現象であり、
余裕で楽しくなって来たら〜
❹を〜トトタタ〜や、トタタト〜とか色々と次があるのでした。

続く〜?
ものもらい用眼薬かったけど〜効かないみたいだから明日は眼医者へ?
チャンチャン〜!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【リズムのザンネンな方の場合】 | ホーム | ◆昨日のswingしなかった要因【Lesson日誌】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |