ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

やはり「タンタタの法則」モジュレーション〜明日のLessonメニュー〜! やはり〜「タンタタの法則」を〜。 「今日の常套句〜江東区じゃないからね〜(シーン)…」 はモジュレーション方式? motifのパターンを、半拍ずつズラしていくゲーム感覚のexercise。 example〜【A】は8分音符二つで〜ダァダ〜です。 これを〜デュ〜ダ〜ダ〜デュ〜デュデュ〜 などと唄い分け、 デュの系をベースドラムやタムなど低い音のパート、 ダァ〜はスネアドラムあるいはクラッシュシンバルなど高音系としイメージできたモノに対しシッカリと体をコントロールさせplayします。 モジュレーション〜明日のジャズドラムLessonメニュー〜! やはり〜「タンタタの法則」を〜? 「今日の常套句〜江東区じゃないからね〜(シーン)…」 はモジュレーション方式? 私の心情として、響くモノをplayする〜! があります。 響いて来ないものはplay出来ません。 もしも出来た? と思う時があったとしましょう、 はたしてそれは音楽的だったでしょうか? 私の経験からは言えることは〜ちょっとエゴイスティックだったカモ? といった反省の記憶しかありません。 したがってLessonにおいて、あるいは自分の練習法を考えるに、 「響くように」がexerciseのポイントと成ります。 ジャズドラマーご用達の「シンコペーション」という教則本も時として使うのですが、 オタマジャクシを目で追いながらの練習には余り興味がなく、 使ったとしても中の1〜2小節を覚え、それをオーケストレーション(色んなパートに置き換える)したり、エイトリーディング(8分音符で埋めて行き書かれたタイミングをヒット)、 トリプレットリーディング(3連符で埋めて書かれたタイミングをヒット)したり、 つまりまず便宜上の記号を覚え、応用させ響かせてからそれをplayする方法を良しとします。 ・・・だからメンタル面が足りないんだ〜? と言うこともあるかも知れませんが・・・・ ◆モジュレーション的exercise motifのパターンを、半拍ずつズラしていくゲーム感覚のexercise。 example〜【A】は8分音符二つで〜ダァダ〜です。 半拍ズラして〜ウダダ〜 そして〜ウンダダ〜と進めて行きます。 (2小節おき 、あるいは4小節おきでのチェンジでも良いです) 更にこれを〜デュ〜ダ〜ダ〜デュ〜デュデュ〜 などと唄い分け、 デュの系をベースドラムやタムなど低い音のパート、 ダァ〜はスネアドラムあるいはクラッシュシンバルなど高音系としイメージできたモノに対しシッカリと体をコントロールさせplayします。 ・・・時々イメージが薄いため意図しなかった結果(手足が反応)をよく見ます・・・ 【B】以降もそれにならいます〜 この後は〜? 先を読み、 さらに声をシッカリ出しビジョンを体に染み込ませるのです。 すると〜否応なく〜響いてくるように〜成りますよねぇ〜チャンチャン〜!

タンタタ3

モジュレーション〜明日のLessonメニュー〜!

やはり〜「タンタタの法則」を〜。
「今日の常套句〜江東区じゃないからね〜(シーン)…」
はモジュレーション方式?

motifのパターンを、半拍ずつズラしていくゲーム感覚のexercise。
example〜【A】は8分音符二つで〜ダァダ〜です。
これを〜デュ〜ダ〜ダ〜デュ〜デュデュ〜 などと唄い分け、
デュの系をベースドラムやタムなど低い音のパート、
ダァ〜はスネアドラムあるいはクラッシュシンバルなど高音系としイメージできたモノに対しシッカリと体をコントロールさせplayします。

モジュレーション〜明日のジャズドラムLessonメニュー〜!

やはり〜「タンタタの法則」を〜?

「今日の常套句〜江東区じゃないからね〜(シーン)…」
はモジュレーション方式?

私の心情として、響くモノをplayする〜! があります。
響いて来ないものはplay出来ません。
もしも出来た? と思う時があったとしましょう、
はたしてそれは音楽的だったでしょうか?

私の経験からは言えることは〜ちょっとエゴイスティックだったカモ?
といった反省の記憶しかありません。

したがってLessonにおいて、あるいは自分の練習法を考えるに、
「響くように」がexerciseのポイントと成ります。
ジャズドラマーご用達の「シンコペーション」という教則本も時として使うのですが、
オタマジャクシを目で追いながらの練習には余り興味がなく、
使ったとしても中の1〜2小節を覚え、それをオーケストレーション(色んなパートに置き換える)したり、エイトリーディング(8分音符で埋めて行き書かれたタイミングをヒット)、
トリプレットリーディング(3連符で埋めて書かれたタイミングをヒット)したり、
つまりまず便宜上の記号を覚え、応用させ響かせてからそれをplayする方法を良しとします。 ・・・だからメンタル面が足りないんだ〜?
と言うこともあるかも知れませんが・・・・
常套句


◆モジュレーション的exercise
motifのパターンを、半拍ずつズラしていくゲーム感覚のexercise。
example〜【A】は8分音符二つで〜ダァダ〜です。
半拍ズラして〜ウダダ〜 そして〜ウンダダ〜と進めて行きます。
(2小節おき 、あるいは4小節おきでのチェンジでも良いです)

更にこれを〜デュ〜ダ〜ダ〜デュ〜デュデュ〜 などと唄い分け、
デュの系をベースドラムやタムなど低い音のパート、
ダァ〜はスネアドラムあるいはクラッシュシンバルなど高音系としイメージできたモノに対しシッカリと体をコントロールさせplayします。
・・・時々イメージが薄いため意図しなかった結果(手足が反応)をよく見ます・・・

【B】以降もそれにならいます〜


この後は〜? 先を読み、
さらに声をシッカリ出しビジョンを体に染み込ませるのです。

しかし〜ポイントは〜シンバルレガートではないのですゾ体に!
続く〜

すると〜否応なく〜響いてくるように〜成りますよねぇ〜チャンチャン〜!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<◆昨日のLesson日誌〜「タンタタの法則」後半? | ホーム | ⚫︎Rythum・workshop4/13(日曜)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |