ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

今日の【Lesson日誌】

今日の【Lesson日誌】
時々体験Lessonにおいて〜ドラム(音楽)向いてないんじゃないかな〜?〜
なんて思える方がいらっしゃる。
イエイエ貴方ではございません。
やはり「on」「off」「tension」「release」のメリハリ〜はフォームにおいても、
そしてリズムをより楽しむためにも譲れないのであり、
この辺に興味を持たない(持てない)人、重要性を理解出来ない人は、恐らく短期で(短気)辞めて行く可能性は高いのでは〜?と私は確信する。

それでも習いに来る人に対しては(そういう方もいる〜イエイエ貴方ではございません〜)もちろん丁寧に教え、音楽・リズム・ドラムの楽しさを味合わせるための努力は惜しまないつもりだ。

本日のレッスン〜11:00〜皆セッションもそこそここなすし、結構叩けるクラスだ。
まずはドラムをplayする、よりもbeatにノル!
を前提に音源(ケイコリー・スタンゲッツのコルコバード)に合わせてGroove・gym(身体の上下運動)にて体を動かしながらテキスト右ページの中からパターンをチョイスし、タンボリンパターン、シェイカー、クラップを楽しむ(楽しむために〜苦しむ場合あり)。身体の大きなノリ+16分音符の細かいパターンにおけるindependence.(神経と体の独立)exerciseをした後、ドラムでBossaNovaをplay(大きなノリを大事に)。
やっぱswingも〜ってんで最近購入したアルバム、
Christian Mcbride のOut Here 一曲目をきょうのターゲットにした。
ブレークなどのシカケも聴いて覚えさせる。
このswing感〜jazzの楽しさを〜皆理解〜?

「ちょっと遅くなったけど」といって生徒連盟によるチョコを前回インフルで休講だったため今日渡される〜そりゃウレシイ!
それと「人参作戦」の費用を、やはり生徒連盟で手渡される。
こうやって心配してくれる人がいるって(オレじゃないよ)素敵だな〜って思った。

封筒を受け取ったとき〜「これで〜呑みに行けるなぁ〜」という冗談が、
真顔で却下されたってことは〜オレの人間性は余りかわれていないようだった〜ザンネン。

これでまた近いうち人参贈ろうっと〜!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<練習日記と躍動の法則 | ホーム | 「日本人のためのリズム感トレーニング理論感想第二弾」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |