ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

■一人だと早く着く〜仲間がいると遠くに行ける

100人いれば百通りのドラマが存在するように、
ホントに人生色々なのである。

もうかれこれウン十年以上一緒に演奏して来て、
向こうはどう思ってるかは知らないが、
オレにとってはソウルメイト〜と言っても良い位の強い付き合いと感じている津村が、食道癌治療を受けている。
昨日2回目のお見舞いで築地癌センターに行ってきた。
落語1

メールで「落語良かったらDVD持ってくけど〜」に津村は興味を示したようだったので出がけにチョイス。 談志と文楽師匠を差し替え、やはりドリフはハズせない!
落語2

そして枝雀師匠もハズせない!などと少し悩み詰めたバッグは〜重かった!

枝雀師匠

impressionsメンバーのヒサエちゃんもちょうど空いてて一緒に行き、
色んな話をした。

細畠洋ちゃんの癌が発見された時、
奥さんのみっちゃんは旦那のために物凄い勉強をし、
献身的な努力に終始したように、
津村の奥さんであるノリちゃんも色んな本を読み、色んな情報を仕入れ、
愛する旦那のために頑張っている。

そして今回もこも格言を思い出した。
〜「一人だと早く着く、仲間がいると遠くに行ける〜」
オレは魂の進化について云っているような気がしてならない。
魂はどういう修行を積むのか?親を選び(選ばれ)人生におけるストーリーを考え、
自分でプログラミングをし生まれてくる〜というアイデアにオレは共感を覚える。

大病である津村、それを支えるファミリーもこれを乗り切れば大きな試練を乗り越えることとなり、やはり魂は成長するであろう。

それに比べて俺と言ったら自分の事ぐらいしか考えることの出来ない、
晩酌オヤジ〜余り進歩のない今生のようだ〜チャンチャン〜!

追伸〜当然癌治療や手術と相成り、impressions2・10、
oruganjazz倶楽部でのライブは津村お休みの予定だったが、
「トラ(津村の代わりエクストラ)入れてるよね?」
「入れてないよ〜」から〜
「手術前だったらLIVE出来るかもね?」っていう話になった。

したがって〜もしかしたら、津村もLIVE出席となるかも〜?

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<■「クリスチャン・マクブライドトリオ」◆なぁ~んちゃってジャズドラム~稲吉&堀子物語2014 | ホーム | 今日の【Lesson日誌】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |