ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆「稲堀&堀子な~んちゃってじゃずどらむ物語・見学で堀子登場~!

家のルーターが壊れたらしく~mailも開けられないし、
第一電話が使えない…これって~問題なんだけど…!

◆「稲堀&堀子な~んちゃってじゃずどらむ物語・見学で堀子登場~!

東中野「では手拍子してみよう、たとえテンポは同じでもカウントを変えるだけで感じが替わり、それが動作に現れるんだ」
    その違いこそがgroove(ノリ)の違いであり、offbeatの違いでもある」と言いながらメトロノームのメモリを60とし、
    スイッチを入れた。するとスピーカーから♪~カァ~ン カァ~ン カァ~ン カァ~ン~♪click音が部屋中に鳴り響いた。

稲「ムム…小声で(ハ、ハイ)」…まだ稲吉は理解してないようである…

東中野「もっと元気出してー!!」
    稲吉仕方なく大きな声で…「ハ、ハイ!」

東中野「そうそう、ではいくよ~イ~チ ニ~イ サ~ン シ~イ(❶のgroove)」
    稲吉と2人clickに合わせ手拍子を打つ。

東中野「声をもっと出して」
稲「はーい」約一分ほど

【column】…私はlesson等においてカウントさせたり、フレーズ・パターンを極力ハッキリ発音させます。
      カウントする、あるいは歌うなど、声を発することで、何をどうplayしたら良いのか?イメージが出来上がってくるのです。
      そして更にもう一つ、発音することで、playする自分と、
      より状況を把握する冷静なる神経とのindependence(独立性)にも繋がるのです…


東中野「OK!今度はロックやLatinのノリと言える8分音符のgroove(❷)をやってみよう!」
稲「へぇ~いロッケンロ~ル~ズンチャチャズンチャ~」

東中野「…まだノらなくっても良いよ~」
稲「へぇ~い」

東中野「次のカウントは~1 ト 2 ト 3 ト 4 ト~だ」、
稲「ハ~イ」

…これも約一分繰り返す…

東中野「さぁ~?❶と❷では何か変わったところがあった?」
稲「ムムム~???」

東中野「ムムム~って何だよ~」
稲「分かったような~分からないような~」

あっさりと東中野講師「あぁ~それって分かってないって事だよ」
稲「げげ~何で分かるズラ~?」

東中野「分かった時は~分かった!ってハッキリ認識するモノなんだよ」
稲「もしかしたら~swingしてる時は~今swingしてる~って認識してる?」

東中野「良いこと言うねぇ~そうなんだよ、swing(grooveも同義)してる時はハッキリ~今swingしてる~、
    躍動感が感じられ、ココチ良い~って感じるんだ」

稲「良いなぁ~オイラそういう気持ち未だかつて感じた事無いかも知れないズラ~」
東中野「う~ん実は私も結構時間掛かってしまったのかも知れない」

稲「先生でさえもそうズラ~かぁ~?」
東中野「うん、本当に良いモノは、そう簡単には手に入らないんだよ」

稲「じゃ~オイラ~ダメ~?」
東中野「いやいや~ダメじゃない!この私が教えるんだから」

稲「swingするのに結構時間掛かってしまった先生にそれが出来るズラ~かぁ~?」
東中野「…失礼な! 時間が掛かってしまったからこそ教えることが出来るんだよ~第一その言い方は失敬ズラ~」

稲「失敬ズラ~って先生も長野出身?」
東中野「いかにも~私は長野県塩尻出身だ~」

稲「こりゃまた~失礼~大先生様~」
気を取り直し東中野「じゃ次はお待ちかねjazzのFeelだ(❸)」
稲「やったぁ~ハ~ハイハイハイ」


東中野「ここでのカウントは~1タタ 2タタ 3タタ 4タタ~では手拍子を打ってみよう」
二人声を出しながら「1タタ、2タタ、3タタ、4タタ」

東中野「ど~? これまでと何か変わったトコロ無い?」
稲「ムムム~?別に…ビミョウーっす」

東中野「じゃ次は~16beatのfeel」
稲「へい」

♪~イチトオ ニイトオ サントオ シイトオ ~♪

❶~❺のカウントすべてを体感しました。

【column】…grooveの違いはノリの違い…

◆この現象は音楽的な知識とかに関係なく現れます(多少の差はアリ)。
「on(オモテの拍・手拍子のタイミング)」は一緒でもカウントの仕方(=groove(ノリ)の違い)によって、
 手の動きは微妙に違って来る事の方が自然なのです。
 …ちなみにザンネンな人は…どんなカウントしようと動きが変化しない人…
「beat・4分音符」という食材に、味噌を足すのか? 醤油味にするか? それとも塩でアッサリと~?
 grooveをより良く知ろうとするのであれば、何をどういう風にしたら良いのか? 
 何が足りなくてgrooveしないのか? を極力具体的に知るべきであり、
 それらを知った上でなおかつoffbeat(upbeat)を強調させることで、
 躍動感がアップする~っというリズムの法則に繋がってくるのです。


■「見学で堀子登場」

…そこへトントン、ドアーを開けて受付の人が顔を出し、
「あの~先生のレッスンを見学したいって方がいらっしゃっているんですが、
 如何なものでしょうか?」

東中野「見学~?稲吉良いよな~?」
稲「え~!見学っすかー?コワイ人じゃないでしょうね?」
受付「はい、女性の方です」

稲「え~、女性っすか~?で~歳の頃は~?」
東中野「コラ!お前何考えてんだ!」
稲「しゅみません、女性の方だったらどうぞどうぞ~チョット散らかってますが~」
東中野「…悪かったなぁ~」

ドアーが大きく開けられ「お邪魔します、堀子と言います見学させて下さい」
と言いながらうら若き女性が入ってきた。

東中野「じゃ、その辺に腰掛けて見ててもらえますか?」
堀「はい、よろしく御願いします」。

東中野「五つは全部は大変だから中からポイント大きい❷と❸、straight(ハネない)とswing(ハネる)groove(ノリ)2種類に絞ろう、
    その方が集中出来て良いかも知れないからね~」
稲「へぇ~い」

2人声を出しながら~「1ト2ト3ト4ト」
そして3連ノリで「1タタ 2タタ 3タタ 4タタ」共に同じテンポで4分音符を手拍子。

東中野「ど~だった? 何か違いが無かった~?」
稲「何かチョット違ったような…」

東中野「その違いって具体的にいったら何?」。
稲「具体的にっすか~?え~と~????」

東中野講師、堀子に向かって「堀子さん、今ノリの違いをやってるのです」
堀「そのようですね~」

稲吉を指さし「ジャズを学びたい、特にswingの感じを習得したいと言って習い始めた患者なのです」
稲「患者~って言うことないズラ~」

堀「そうですか~実は私もジャズピアノを習っていてswingを理解するにはドラムを習ったら良い~って言われて来た患者です、
  ヨロシクお願いしますワァ~」

東中野「堀子さんは稲吉の手拍子に変化を感じましたか?意外とやってる当人は気付かないことが多いんです」
堀「えぇ~ 違うノリで手拍子したんですね?」
稲「えぇ~? オイラの手拍子違ってました?」に堀子はキッパリと「違ってましたワヨ~」
そして更にハッキリとした口調で~「2つ目がジャズ、つまりswingのノリなんですよね~?」

東中野と稲吉「大正解ズラ~!」

東中野「うん、やっぱり違ってるんだよ」
稲「へ~ そう言えば~」
東中野「そう言えば~?」
稲「一番違ったのは~」

東中野「一番違ったのは~?」
稲「気分~ズラ~」

ガクッとコケそうになりながら東中野「…まぁそうなるよね、気分が違うから動きも違ってきた」

稲「え~とぉ~、強いて言えば打つ為に手を広げるタイミングかな~?」

パチパチパチ~東中野と堀子拍手~!

東中野「その通り!」

❷「1ト  2ト  3ト  4ト」
❸「1タタ 2タタ 3タタ 4タタ」
straightswing


【column】…swingのハネ具合

◆例えばswingにおける8分音符のハネ具合をピーターアースキン氏は某書籍で…
 「5連符の一個目と四個目のタイミング」と説明しました。
 AFRICAのリズムに興味を持ち、polyrhythmのユニークさを体験するうちに、
 swingとstraight中間のタイミングも存在し、swingのgrooveでもstraightのフレーズを良しとしたり、またその逆もあり、
 最終的に その人がどうplayしたいのか? が重要であることに気付かされます(こうなっちゃった~ってのはダメ)。 
 
 ただし、多くの迷っている人達には(何を隠そう自分の過去も)swingにおけるpulse(ノリ)は3連符を基本とするべきであり、
 出来うるならばElvin Jonesのように3連符のpulse(5連符7連符も多く出てくるが~)を身体に染み込ませた上で、
 ややstraight(ハネない)系や、16分系、あるいは6連符系に~などへと微調整していくべきだと強く思っています…
 それはまるで、Be-bopにおけるソロイストによる歌い方のように…偉大なる多くのdrummerもそうであるように、
 ドラムソロなどもその歌い方を真似し、取り入れるべきでしょう~!


東中野「straight系の1 ト 2 ト 3 ト 4 ト、
   そしてswing系の1タタ 2タタ 3タタ 4タタ~
 てを広げるタイミングはノリによって違うワケなんだよ~」
稲「ふ~むさすが~先生~月謝を払うだけのことはあるズラ~」

東中野「…何かイヤな響きだけど~そうなるズラ~」
堀「それってupbeatってことなのでしょうか?」

稲「ア~ア~アップビート?」
東中野「YES! upbeatです」

稲「またまた妙な言葉が出てきてオイラ、アップアップズラ~」
堀「フフフ~イタキチさんたら~」

稲「イタキチじゃないッス~稲吉です~って」
堀「あらスミマセン~稲吉さん」

東中野「例えば~アースウインド&ファイアの「SEPTEMBER(8beat系)」を掛けて歩く、
 方やスティービーワンダーの「愛しのアイシャ(3連符swing系)」を掛けて歩く~するとぉ~」

稲吉・堀子「するとぉ~?」

東中野「じゃぁ~ここで~クイズ~! イエェ~イ~!」
稲吉&堀子「… ・・・・・」(一人で盛り上がる)」

稲「でぇ~ 何~?」
東中野「あれ~何か素っ気ないねぇ~」

堀「じゃ先生~クイズお願いします~」
東中野「ほい来た~ straight気の曲を掛け歩くのと、
    swing系の曲を掛け手拍子歩くんでは~何が違うでしょう~?」

・・・・・皆さんもお考え下さい・・・・・もしかしたら~簡単かも…チャンチャン!


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

稲堀物語2014 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<◆【稲堀&堀子な~んちゃってじゃずどらむ物語lesson1~5】 | ホーム | ◆稲堀&堀子な~んちゃってじゃずどらむ物語1-3・稲吉lesson開始>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |