ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆12・22 リズムワークショップ予定menu~!

山野楽器有楽町・リズムワークショップ

◆12・22 リズムワークショップ予定menu~!

●「beat定義」
・「on」 ・「off」 
・「up beat」・「down beat」・「after beat」~etc、

●「躍動の法則」
・tensionを「on」=パワー&安定感(ロックドラミングなど)
・tensionを「off」=躍動感&不安定(サルサのベースなど)

●「independent」
・大まかなpulseと細かいpulseを同時に感じる
・表現する自分と周りを察知する自分

明日は山野楽器有楽町にて「リズムワークショップ」です。
さすがに師走の忙しいさなか、
受講者はちょとお寂しい~という情報をメールで受ける。

「そんな忙しい中、来てくれるお客さまには~ミッチリと教えてあげようじゃないの~!」
とユージ講師は息巻く。

…じゃ~いつもは????…

storyとしては毎回似たような内容とどうしてもなってしまう。

おそらく多くに受講者は…
・beat・リズムに~ノルとは? 
・正確性・ニュアンスはどのように? 
・躍動感はどうやって?
・インパクト~抑揚はどのように? 

これらはすなわち=「groove(ココチ良さ)」を理解していただくに限るのである。

私の長かったザンネンな過去において「groove」に足りなかった要素…極論すればそれは「off beat(up beat)」。
そしてそれは多くの悩める子羊にリンクするのであった。

…「お前と一緒にするなよ~」っていう声も聞こないでも無いが…

したがってまずは「beatの定義」…
音楽を掛け、クラップしたり、シェイカーなどによって
onの要素、off beatの要素、そしてup beatの要素を理解させ、

そして効果的な運動であるgroove・gymを取り入れて鍛えてあげるのだ。

アスリートが拮抗する筋肉を鍛えるように…弱い部分である「offbeat」の要素を鍛えてあげるにである。

教材にも最適? っと考え今田さんのアルバム「誘われてシーサイド」などを聴く。
モン案百回と演奏した懐かしいナンバーばかりだ。

当時は…「正確に~怒られないように…」ってplayしていた。

今は…どうplayしたらユニークか?
offbeatへの意識が高まって、
どうしたらココチ良いか?=groove~!

を理解してきたようだ…だが~もう~遅いって~?

そ~そんなぁ~チャンチャン!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

Live・情報 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<◆Edmar Qstaneda…ってゴイス! | ホーム | 見舞いに築地>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |