ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

■「 演奏を支える心と科学 」これも素晴らしい〜!

演奏を2
Lesson前に〜いただきます〜君を〜アイス〜なーんちゃって(笑)
演奏する夢をよく見る。
その時には確かにメロディーは聴こえ、
夢の中においても、通常のアンサンブル同様やりこなす、
のだが、夢の中ではライドシンバルが遠くだったりスネアドラムが妙な所に配置されていたり、ベースドラムがようやく足の届くところのセットされていたりして必死になってもがいてる俺が夢の中にいる。
ナンバーはジャズスタンダードであったり、聴いた事のなくも魅惑的なテーマやRythumだったり、うっすら覚ええていたり、いなかったり〜。

夢の中でも緊張感満載で疲れることこのうえない。

常ずね、譜面を見ながら格闘する生徒たちを見ていつも疑問に思う。
そういった疑問を払拭してくれる? っと思われる本がこれだ〜!

[演奏を支える心と科学}p154
ジェームスマナリングは、練習においてテクニックの習得に重きが置かれすぎていることや、印刷された楽譜からの機械的な音楽の再現が強調されすぎていることに危惧感じた。

「記号から音と進むのではなく、音へと進む」べきだと主張した。
この考えは音楽リテラシーの発達は、話せるようになってから読めるようになるという言語発達に類した過程を含んでいるという信念に基づいている。

音楽性に関するマナリングの核となる観念は「音で考える」ことのできる能力である。
すなわち、耳で聴いて演奏したり、即興演奏したり、
または楽譜を読みながら演奏する際、
心の中でイメージした音を作り出すことができる能力である。

楽譜を読むとき(音で考える)事は、演奏という行為から離れて心の中で音符、
音楽として聞き、理解する能力も含んでいる。

この関連は楽譜を見て、覚岸寺書かれた音を作り出そうと機械的に反応すること(記号から演奏行為)そして(音)と進む。
これとは対照的に、楽譜を見て、
楽器で音を出す前に心の中で音楽を聴くことができること、
演奏を1

■図•リテラシーの発達モデル〜 (記号から音)そして(演奏行為)

この間に重要な違いがあることを強調している。
マナリングにとって楽器の演奏を教えるもっとも音楽的な方法とは、
音と演奏行為を常に関連付けることである。

例えば鈴木メソードでは、言葉が話せるようになってから文字を読めるようになることは、音楽のリテラシーを身に付ける学びの過程と類似した過程である。

話し言葉を習得する非常に早い段階において、
誰も子供たちに文字の読み方を教えたりもしないだろう。
それにもかかわらず、音楽意識が芽生えていない国
ごく最初の段階の器楽レッスンで、
子供たちに楽譜を読むことから始めさせるのが慣例となっているように思われる。

・・・・それも一つの方法とも考えられる・・・

sloboda(1978)によれば、音楽の感受性は楽器に親しむ以前に発達すると言う。
なぜなら〜音楽知識がなければある種の期待日確保を読むことなどできない〜からである。

子供は一般的に小学校に上がるまでに自身の言葉を綴るしっかりした力を持っており
5000個以上の広範囲にわたる語彙を理解し、使用することができる。

omocha綴り方のパタン、心は想像することによって、子供たちはその国を続き、音、意味を理解し、やがて複雑な文章の意味を理解できるようになる。
もしこれらの過程が音楽についても当てはまるとしたら子供たちが既によく知っている曲をまず耳で演奏できるように教えることが優先され、その後で知っている曲を確保使って演奏できるように教える、ということにだからなる。

続く〜?
チャンチャン〜!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<NOWIN・fallingstar 苦い思い出 | ホーム | facebookにアルバムUP~閲覧できるかな?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |