ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

昨日に付け足し~!

おそらくある程度経験のあるドラマーは、
ドラム譜を見たとき、瞬間的にドラムの音に変換する作業します。

そして演奏するその瞬間には自分の中に音は鳴っている必要があります。
それはリズムパターンやフィルイン、或いはソロにおいてもです。

意図した音をプレイし、
コール&レスポンス的作用で次に続くフレーズが聴こえてくるようになるのです。

■演奏とは~!
@artists_kotoba: 最高の先生は、自分の耳だ。自分の耳が許さない音を、弾いてはいけない。 
フレデリック・フランソワ・ショパン

生徒を見ていると、音が決まってないのに手足を動かし音を発してしまうことによって。
自分の発したその意図していなかった音に動揺している姿が見えます。
しかし~それは今の私でも時々出るザンネンなケースであり、
もしかしたら~多くのケースに値すると思われます。

教えながら…自ら学んでいるようです…チャンチャン!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<■今日も「自分の音聴いてる?」〜より。 | ホーム | ◆【lesson・練習日誌】&自分の音~聴いてる~!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |