ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆今日の練習日記〜&〜オムネク・オネク

今日の練習日記〜
土曜日久しぶりのLIVE。ここ数年でのgig減る。名刀(?)を錆びさせるわけに行かず、練習はしてるけど〜。翌日曜はリハーサルで横濱へ〜。
TOMOKO’ 無nd ≒ mundo 〜トモコ・ムンドムンド〜、
横濱jazzプロムナードのためのリハーサルだ。

ウォームアップ兼ねて・4bars音源にて4分音符を基本としたシンプルなバリエーションから徐々にfill in〜soloへ〜!  tenpo ♩=80 swing〜16〜Latinfeel。
tenpo ♩=100 tenpo ♩=64   アトランダムに・・・・。
clickを「on」のタイミングに聴きながら〜「off」(up beat)のタイミングに聴いたり〜。
はたまたROCKのRythum〜swing〜16beat〜及びLatinなど色々試す。
55のtenpo が今日はヤバい。
弱い「off」を鍛えるのに躍起となって、「on」への意識が弱くなっていたようだ。
「on・click」の時間を何時もより多めにとった。

オムネク・オネク


「実は金星人が地球人に混じって〜」と言っても矢追さんや韮澤さんではござんせん。
自分を金星から使命を持って来た〜という人がいたら、あなた信じますか?
結構早いうちから精神世界に興味を持つ者として、オムネク・オネクは信じます。
オムネク・オネク〜アストラル界の金星の都市・チュートニアから地球で残した自身のカルマの清算と金星のマスターから言い渡された使命を果たすために、幼少時に体を物理的な波動に落とし、1952年にアストラル界と物理的世界の中継都市・レッツから宇宙船で地球に飛来し、チベットの寺院で3年間過ごした後に、アーカンソー州で交通事故で死亡した7歳の少女と事故現場で入れ替わり、アメリカ人として生活し始めたと述べている・・・・〜

〜「アーカンソー州で交通事故で死亡した7歳の少女と事故現場で入れ替わり」のあたり、本当にユニークなストーリーだ。例え、ノンフィクションだとしてもSFな素晴らしいストーリーだと私は感じた。
もちろん私はフィクションだと捉えています

世の中には売れれば良いと考え、いい加減な本は多い。
危なっかしい著書、オカシイデータには「コイツ駄目」そく判るのです。
オムネク・オネクに関した本は数冊〜「私はアセンションした惑星から来た」「地球人になった金星人オムネク・オネク」「DVDから語りかける 金星人オムネク・オネク」地球を救う愛のメッセージ」〜そして今回の「金星人オムネクとの対話 スターピープルたちにいま伝えたいこと」購入〜。
本日から読み始めますぅ〜!

しかし〜Lessonがー上手く行かなかった時は〜凹む〜! チャンチャン〜!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アムネクオネク~オモシロイ! | ホーム | 多摩動物公園>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |