ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

Uジ講師の「レッスン日誌」ちょっとウルっと〜!

Alan Dawson


Alan Dawson DrumMethodより〜正しく・「If you can sing You can play , If you can't sing You can't play」唄えないモノはplay出来ない。したがって唄えるようにすべきであろう!

Mental(冷静なる判断〜クールさ)の足りない俺は時として譜面モノをexerciseに取り入れます。
きょうは〜Alan DawsonのDrumMethodを・・・・。
当然、歌ってからplay〜を心掛ける。

五歳児の可愛い生徒ヒロくんが「お世話になりました」本日を持って退会となった。
もちろん〜お世話になりました〜っは、父親の挨拶である。
忍者りばんばんじゃを良い感じで仕上げることが出来た。
トイレに行った際「何か上げるものないかな?」フライヤーの裏に〜ありがとう、元気でねメモ &サインを書いて渡す。予想外の大喜びにおどろく。
そしてLesson終了。
ヒロくんが帰り際「僕のスティック先生持ってて〜」に父も俺も驚いた。
「家で練習してね〜」「はぁ〜い」つまらなそう。
目の前にあった俺の使い古しスティックをあげたら〜これも想定外の喜びよう!
そしてお別れの時は来た。ヒロくんが「これ先生に」何やらゴソゴソ取り出した「これどうぞ」。
それはお礼の品をだった〜ってこれ実は想定内だったりして〜(コラコラ)。
パパが「中にこの子の手紙が入ってます」はオ〜ットそれはぁ想定外。
フライヤーにスティックもあげておいて良かった〜。
エェ?手紙読んだか〜ってぇ〜?   まだです。
まだLessonのこってるから、
ウルっとしながらLesson出来ないもん〜。
誰だ〜その犯罪者顔にウル〜なんて似合わない〜なんて言ってるのは〜 チャンチャン〜!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

レッスン日誌 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日のoffbeat | ホーム | ◆【Lesson日誌】ユージ講師怒る〜とjazzなクラス〜!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |