ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆日記807lesson&近況

ゲリラ豪雨の後きれいな夕焼け…、
夕焼け805

レミゼラブル…映画館で観たかったけれどレンタルで鑑賞。
途中止めようか?と思ったがストーリーが進むうち入り込む。
そして最後は~感動だった。

意思を強く持ち、愛を信じて強く生きる~!
俺には…無理か~????


夏バテ~? 睡眠障害~?
したがって昼寝はかかせません。

lessonにて、某曲を仕上げ「良かったよ~合格~!」
「有り難うございます~」
「もう一回演ってみよう」
「ガクッ」
…譜面無しでも演らせる。

最近布団をやめ、
薄いシーツのような物で寝てたら腰の腰痛が良くなっている~?
チョット続けてみようと思う。

夏…は…汗だく、
したがってTシャツの着替え持ち歩く。
体脂肪…やや落ちる~イエイ!


今日の練習…click60にて…4bars音源…1bar音源…でsoloなど色々試す。
音源を松岡直也にしてLatinロック…ノッタ~!

アホノミクス自民は…昔からアメリカ追従路線。
基地問題もオスプレイもアメリカの言いなりなのであり選挙で自民を勝たせればそれは当然の事なのです。


今週日曜日で夏休み突入〜!
お墓参り、
そして新たに結成した〜「塩尻impressions」

塩尻Bar On the Road〜にてLIVE〜!決定。

帰省した時、店の下見に行く予定。

【塩尻impressions LIVE At The Bar On the Road】

groove&swing〜躍動あふれるリズム!
丁々発止〜素晴らしいメンバー間における楽器での会話、
11/22(金曜日)〜音楽の楽しさ、jazzの醍醐味をキット満喫〜!

「塩尻impressions」
 guitar 相良博
 piano nami
 bass  近藤聖
drum 中野祐次

1st 20:00〜
2nd21:30〜

・Mチャージ投げ銭方式。

⭐ラスト「CjamBlues」で大セッション〜楽器演る人は持って来て〜!

Bar On the Road



F・Bでは色んな情報が飛び交う。
時にフィットし、感動を呼ぶモノがあり、
そういったデータは拡散している。

最近のヒットは~これです…

泊原発廃炉訴訟第6回口頭弁論で、
高校2年生の戸苅春香さんが意見陳述をする予定でしたが、
直前になって認められませんでした。
終了後の報告会で本人が朗読した陳述書の一部を本人の了承のもとに公開します。日本の全ての大人たちは、彼女の声を聞くべきです。
そして、彼女の訴えに応えるべきです。

是非ともシェア・拡散お願いします。

原告意見陳述要旨(2013年7月29日) 原告 戸苅春香

2011年3月の原発事故は私の人生を一気に曇らせました。
福島原発の状況を報道するテレビの声を聞きながら、
私は不安でのどが詰まるような思いがし、
視界が灰色になっていくように感じました。
あの時の報道でも既に日本国民へ向けての計画的なだましが始まっていたのだと思うと、なお、怖ろしい思いです。

私はそれまで、日本がこんな残酷な国だったとは知りませんでした。
私は事故からの2年間、
この時代に生まれてきたことを何度悔やんだかわかりません。(中略)

未だに原発を続けようとしている、というところを見ると、
知らない、というか知ろうとしない、
知りたくないんだと思いますが、もうすでに放射性物質による健康被害は出ているんです。後回しにしていられる問題ではありません。
みるみるうちに人口は減ります。子供がいなくなります。
子供がいなくては未来がありません。
自分はもうすぐ死ぬからどうでもいいと思っているんですか。

何も心配せず食べたいものを食べ、
行きたい所へ行ける幸せな子供時代を送り、
この先何が起こってもどうせ自分が居ないのだからどうなってもいいと思っているんでしょう。
たとえ汚染されたものを食べ発病しても寿命だと思って死んでいくのでしょう。(中略)

自分だけいい思いをして子供も未来を汚しても平気なんですか。
罪悪感もないんですか。恥ずかしくないんですか。(中略)

ドイツは福島原発の事故を機に原発推進派だったメルケル首相が脱原発を決定しました。それなのになぜ、
日本にはそうする勇気がないんですか?

これだけひどい事故を起こしておきながら、
国民のほとんどはその被害に自覚さえありません。

日本は命よりも経済を優先し、ぐずぐずと原発を動かし続ける、
こんなだらしない国だったんですか?
さらに、大事故を起こした実績のある日本の原発を恥もなく輸出しようだなんてもってのほかです。
一番大切なものを忘れて人間として正しい選択ができなくなっているんじゃないですか。
無表情で必死に言い訳をして原発を動かし続けようとするその精神が理解できません。

いい加減目を覚ましませんか。(中略)

現時点でもうすでに大人が残した原発は私たち子供にとって大変な重荷です。
それをさらに増やすつもりですか。
自分の子供や孫の顔を思い浮かべてもう一度よく考えてください。
私たち子供は大人たちに憤りを感じています。

私はたかが電気のために命を危険にさらし、涙を流すなんて、まっぴらごめんです。そんなものに人生を左右されるのも、未来を縛られるのも許せません。
未来はあなたたちのものではありません。私たち子供のものです。
大人の一時的な都合で私たちの未来をこれ以上汚さないでください。
私たちの夢を奪わないで下さい。

…これが真の国民の声であり、怒りです。

何で皆怒らないのか?…不思議です。

アホのミクスに惑わされないよう、憲法改正、TPP、沖縄基地問題…真剣に見守って行こうと考えている…チャンチャン!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

レッスン日誌 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<◆『地球交響曲』登山家メスナーが、初めてもう一人の"私"の存在 | ホーム | 805◆【リズムワークショップ】「白人は音符でリズムを考えてる~」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |