ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆昨日のレコーディング後記~!clickとの付き合い方~!

コブラ

またまたシツコクUP~昨日レコーディング前のセッティング中の写真です。
ベースドラムのヘッドに注目~!
auto enthusiast(カーマニア)の人は~「コブラですねぇ~?」

それに対しオレは「…???」

知らなかったのカヨ!

すんません。

なんとこのレコーディングは、横浜に拠点をおくサックス奏者TOMOKOさんメインのお仕事。
このバンドで毎年コンサート(今年は11・3赤レンガ倉庫)を行い、
橫濱ジャズプロムナードにも毎年出演、
今年は10月12土曜日16:00頃~一時間、
ランドマークタワーのステージ~入場無料~来てね~!

しかもこの日レコーディング下曲は、
2年後横浜でのマラソン大会でのイメージソングになるんだって~素晴らしい!

…結局~自慢カヨ!

…すんません~!


◆昨日のレコーディング後記~!clickとの付き合い方~!

click無しでの練習の時は歌う事を最優先させる事が出来た(=ココチ良さ=groove)。
beatは多少揺らぐのだが、この揺らぎがpolyrhythmとつながるウタ心であり、
正確性は確かにgrooveにおける大きな要素だが、
timeを超越したところにホントのgroove&ココチ良さがある事を知る自分としても、
例えclickを聴きながらのplayであっても、この「ウタ心」が再現出来たらなぁ~っと思う次第なのであった。

basicのOKTakeが2回目の録音で録れた。
ソコに本場パーカッショニストのLudwig Nunesが、
コンガ~ティンパレス~タンバリン~シェイカーとダビングし、
さらにサックスのソロ&ボーカル&コーラスをダビングしていく。

したがってイヤでも自分のプレイバックを10回以上は聴く事となる。

click無しだと~もっと歌ってるんだけどな…なんて思いなが。
それが出来ないから…二流なんだよなぁ~なんてことを思いながら…。

「click聴きながらだとどうしてもタイトになっちゃうね~」とサリーさん。
「そうなっちゃうよね~」とオレが答える。
タイトとは? ソコソコ正確だけどややインパクトに欠けた~っというような意味合いを持つ。

「ナマリ」と言うか、「polyrhythm」と言おうか?
良い意味においてのリズムの揺らぎが、
◆    ◆    ◆    ◆ 
>    >    >    >
カッ   カッ   カッ   カッ

ダダダァ~ウダダ~ ダァ~
1    2    3    4

それは決めたパターンだけでなく、
♪~ディキヂドドンディギ ディキヂドドンパン~♪
この曲のために考案したリズムパターンやフィルにまでも影響が出た。

何時なら良い感じにナマるはずのパターンもsquare(キッチリした)な感じとなってしまった。

何時もならもっともっとoffbeatへのアクセントやシンコペーションが多いのに、
良いTakeをなるべく早く上げる~と言う意味においてはどうしてもclickに合わせて~という作業となってしまう。

…これも~実力不足…ザンネン~!

click使わないliveでは…揺らぎ~満載。
そんな時にはメンバー間~皆笑顔となる。

したがって今日のlesson合間練習では、
何時もoff・clickよりもonclickでどこまで揺らぐ事が出来るのか?
それを試してみよおっと~!

・「beatのどのpointを糧(目標・目指す)とするか?」~は、
その人の表現に大きく作用する。

clickを頼りにし過ぎては~イケマセン。
逆にメトロノームも音源も何も使わず、
どんな唄が心の中に響いてきて、
それをどうプレイしていくか?
その為にも~ソロ~お奨めです。

その日、その瞬間の自分をソロで表現してみるのはとてもポイント高いと思います。
是非お試しを…そして更にclickを使ってみて、
そのfeelの違い、この大きな差を理解し、
どんな気持ち(リラックスした精神~など)でplayしたらユニークなplayが出来るのか?

自分の過去、そして初心者に多いのが~「on」を糧にリズムを感じる。
それがoffbeatに糧を求める事に気付き、
off・clickなどをexerciseとして多めに取り入れる。
そしさらに…「on」の重要性に戻ってくる。
そして再びoffを鍛えていく…永遠の作業と言える。

grooveへの道は永遠なり~チャンチャン!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

レコーディング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<804【リズムワークショップ】grooveにおける大事な要素~! | ホーム | ■レコーディングで大切な事〜!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |