ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

ハイテンポのシンバルレガートが直ぐに疲れちゃう貴方~!◆禁断のTheme「grooveの定義」

◆禁断のTheme「grooveの定義」タンタタの法則~!

ハイテンポのシンバルレガートが直ぐに疲れちゃう貴方~!
に~朗報です。
tantata1

っていうか、この辺(リズムの理解)を身体が知っていないとswing(grooveも同義)しないのです。
リズムは法則に法っており、如何に早くそれに気付くことが出来るか?っが大きなポイントでもあるのです。

過去のlessonにおいても、
そして先日のlessonでも、
長年ドラムを独学で学び、
時折ビッグバンドなどでジャズドラムの経験を持つ生徒が発したlesson終了の際の言葉、
「あれ~?これだと疲れないですね~」
「だってこれまでのは法則に逆らった奏法だったからなんだよ~」
「目からウロコです~」
は決してお世辞などではナイ…筈だ。

なぜそんなに確信を持ち、エラそうにオレがしているのか?っていうと~。
以前の自分もそうだったからなのであった。

「法則」といっても大それたモノではなく、
例えばバスケットボール(何でも良い)でドリブルをする時、
手と引力の力で下降したボールが床に着地した瞬間、
リバウンドして上に上がろうとするenergyが生まれ、
その力を巧く利用するか? それとも無視して力尽くでドリブルし続けるか?
前者が「法則に法った」であり後者が「法則に逆らった~」である。


・「タンタタの法則」~といっても別にふざけているワケではなく、
ここには歴とした法則が存在するのである。

◆タンタタ波形とタタタン波形
ジャズドラムの命♪~ディ~ンチャ~グ =タンタタ波形
Latinにおけるguiroのパターンも♪~チュ~アジャチャ=タンタタ波形
このパターンをハイハットで♪~チュ~アチャチャ とLatinドラミングでもよく使われています。

なぜタンタタが多く使われているのか?
なぜタタタン~ではないのか?(色んなケースあり)
これはただの偶然ではなく、
ここにも躍動の法則=後ろ側(offbeat)にtension…に法ってっているからです。

もし身近にスティックなどありまししたら(無ければ菜箸でも良いです)是非試して頂きたいのですが、
まず利き腕でスティックを持ち、
タタタンを数分叩いてみて下さい。
次にはタンタタも数分叩いてみましょう。

どちらが叩きやすかったでしょうか?
恐らく多くの人と同じように私も~「タタタン」です。

タンタタもタタタンも一つのbeatと二つのbeatで出来ています。
energy的要素を考えると、一つ打つよりも二つ打つ方に力(tension)が掛かります。
タタタンは最初のbeat(on)にtensionを掛け、offであるタンで上に上げることでスムーズに叩けます。

さて~タンタタはどうでしょう~?
結論を言いますと~タンタタはタタタンとモーション(腕、手首の動き)が逆になるのが正解です。

私の過去、そして前述した生徒、更に多くの初心者の多くは、
タンタタもタタタンを叩くように(onに力を入れるように)プレイし、
跳ね返ってくるenergyを利用することが出来ず、
したがって速いテンポでは直ぐに疲れてしまう結果となりました。

ただし~onにもaccentが良い場合など、楽曲によっては違う場合も出てくるのですが、
基本タンタタは=offにtensionとなり、
したがってこれも「躍動の法則」に法っているのです。

さらに言うと…身体の動きも、
onで下がるのでは無くonでスティック、腕の動きと同様に上がるべきなのです。

tantata2


…続く…チャンチャン!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

★禁断のTitle「grooveの定義」 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<◆サムライ菊之助さんの言うとおり〜! | ホーム | impressions・liveOrganJazz倶楽部「・Dr.Potato Head&・ハナミズキ」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |