ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

1%VS99%…「貧困大国アメリカ」提 未果

「貧困大国アメリカ」提 未果

「貧困大国アメリカ」提 未果
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0801/sin_k395.html


・株式会社奴隷農場
・巨大な食品ピラミッド
・GM種子で世界を支配する
・切り売りされる公共サービス
・「政治とマスコミも買ってしまえ」

憲法は国民を守り、政治家は国民を守る義務がある~!
ところが今の政治家は、国民よりも国益を望んでいるようだ。

・1%VS99%…のキーワードに以前から関心があった。
それは、弱者が苦しみ、強者が膨大な収益を得ている~、という現実にとても強い憤りを感じるからだ。
そして政治家やマスコミをも引き込み、一般聴衆には真実が知らされない。

飢餓に悩む国があれば、多くの食材が倉庫に山積みとなり、多くの食べ残しや残飯が捨てられる国がある。
こういったアンバランスを昔から不思議に思っていた。

1%VS99%~それは現存し、
「貧困大国アメリカ」提 未果によって分かり易く書かれています。

◆「SNAP」という貧困層に対した制度も、実はカード会社が儲かるシステムであり、
 さらに安価であるジャンクフードなどの飲食で健康を害し、
 製薬会社や金融企業などが儲かる~っという悪循環だという。

◆1992年にカナダ、メキシコとNAFTAを結んだ。
 政府は農業生産と雇用が拡大し、経済成長で国が豊かになると宣伝。
 ところが~安い労働賃金と規制緩和で結局儲けたのは労働者ではなく、
 多国籍企業アグリビジネスと製薬業界だけだった
 カナダの農家7割は買収され、メキシコの農家も次々倒産に追い込まれた。

 ロイ・ワイデンオレゴン州上院議員は…
 「今この国の三権分立はかつてないほどの危機に瀕している。あらゆる分野で大企業の力が強くなり過ぎ、
 ついに議員の権限まで超越してしまった」アメリカ通商交渉委員でもある彼は、自信が監督する立場にある彼が、
 600社の企業代表だけが閲覧、修正出来るTPPに関する情報にアクセス出来ない不条理。

そしてオバマは~TPPに力を入れている。
…マジで恐い話だ。

◆「ケンタッキーフライドチキンの12ピースを買うと26ドル、ケンタッキー社に21ドルが入り、
 その下にいる加工業者に4ドルが入る。実際鶏を育てている養鶏場には30セントしか入りません」
 今では当たり前となっている(オソロシイ)成長促進剤の使用、それらも契約に含まれている…と言う。 

◆もう一つの波、遺伝子組み換え(GM)作物。
 アメリカではこのGM作物を1996年から開始され、GM作物比率はわずか20年ほどで急激に拡大。
 アメリカ国内で販売されている食品及び加工品は9割に当たるという。
 GMの安全性は今でも確認されていないばかりではなく、
  バイオテクノロジーの権威プースタイ博士はGM食品をネズミに与えた結果免疫システムに異常が発生したのを発表。
 カーン大学でもラットを使った実験でGM作物が奇形を生んだ研究発表
 危険性を訴える科学者達には強力な抵抗があったという。

…などとても興味深い内容なのである。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<polyrhythm中級編 | ホーム | 良い演奏とは?polyrhythm日記>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |