ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

良い演奏とは?polyrhythm日記

◆「良い演奏って~?」groove日記

「良い演奏とは~?」
長ければ良い~というワケでもないが、
さすがに長く演奏に携わっていると理解は深くなり、
表現の幅も広がる(出逢って欲しい~)。

さらに教える立場が、
抽象的なWordである「groove(取り分け良い演奏)」を、ある程言葉や実例で解説しなければならない分、
例えば…リズムの良し悪し…躍動感とは?
など極力具体的に表現しなければならないことが自分にとって役に立つストーリーとなった。

さて…「まるでリズムの魔術師のように~!」なるにはどうしたら良いのでしょう?
誰か~教えて~?

コラコラ…(笑)

私の考える大きなヒント、それは~「independence(独立性))です。

例えばドラムをプレイする時にはある程度手足におけるindependence、各パート(手足)の独立性が必要となってきます。
しかし多少の違いこそあれそれはどんなパートでも一緒だと考えます。

即興的要素の強い音楽に近ければ近いほど、その能力が表現の幅を決めると言えるでしょう。
…もちろん前提条件として、音楽を愛する強き気持ち(お金よりも大事なモノ~と思える位)と、
ソコソコの感性は必要となってきます(各々磨いて下さい)…

そして表現する自分と周りを察知する神経における「independence」が重要となり、
更に一つのtimeに対して数種のbeatを同居させるexerciseが必要となってきます。

○先日ENSEMBLE・WORKSHOPを終え、
生徒達のplay、その後のサポートメンバーにおける素晴らしいアドバイス。
打ち上げでのモロモロ~、などの記憶が時々甦る。

より効果的lessonにおけるヒントがこの記憶の中にあるような気がした。

「良い演奏とは~?」これは人やパートによって答えが沢山出て来るであろう抽象的Wordである。

従って持論を勝手に進めて行くとしよう。

例えば私がとりあえず今手に入れたいモノ、
それは~groove~!っと一言で終わらせるのではなく、
具体的な解釈を試みるとしたら答えは…

「Timeは一定をキープするが、全くフリーに近くbeatを感じるようになる事~!」
それはまるでリズムの魔術師のように~!である。
これが出来たら~モノスゴイ表現力が付く~! っと私は思うのだが…どうでしょう?

先日のENSEMBLE・WORKSHOPの「Saint Thomas」でのplayが頭を過ぎりました。
カリプソのgrooveはLatin特有な大らかな感じと、
さりとて~beatにノリ遅れないシャープな解釈がpointです。

音川英二(Sax)はまるでSonny Rollinsのように(比べるという意味ではなく)大きくノッたり、
細かくノッたりして自分がそれを楽しんでいるのだった。

あの時の音ヤンのソロフレーズが、
「オレがSaxだったらこういう風に吹くだろうなぁ~」と強く感じたそのワケは、
リズムのトリ方(ノリ方)が、「オレと一緒じゃん」という実感があったからである。

あきらかに私が手に入れたい要素…大きい~細かい~中間~を同時に感じられるようにるようになるには~?
数種のgroove(ノリ)の同居=「polyrhythm」…なのです。



■polyrhythmでoff beat walking
以前遭遇した興味深い体験が日記に書かれていた。

…某メロディー奏者の弱点は、速いテンポにノリきれなくて何時も一人脱線してしまい、
どういう偶然か?数小節後には又元のタイミングに着地し戻れてしまっていた…それで良いの~?(良いワケがない!)
悪い事にそれは本人が知らないうちになされてしまっているところにある。

リハーサルの時点からしてそうなってしまうのだから、
もっと緊張感の孕んだライヴでの脱線はやっぱり想像通り、当然の結果となった。
もっとも、自分にもその弱点は以前には結構あって(陽との事言えないじゃん)、
もしかしたらこういった現象、可能性、それは大概のミュージシャン(特に初心者)にとっての兆候であり、
それを弱点と言う見方が出来る。

勿論練習が足りないのが原因とも言えるが(コラコラ)私の場合どちらかというと練習のやり方にその原因を見た。

…頑張ったらダメ~! 頑張って出来るようなら誰も苦労しないのがjazzである…。

まるで競走馬の如く周りのことなどかまわずゴールを目指す。
貴方が天皇賞が掛かってるお馬さんの場合だったらそれでも良いかも知れないが(?)、
音楽の現場であったとしたら・・・・・それではダメなのだ!

周りの状況をかいま見ながら、仲間との会話を楽しみながらでないと、
いくら苦労して発した波動であっても何の意味も持たなくなってしまう。

例えば、それは速いテンポの曲だったが、早いテンポであればある程大きく感じる自分の形成が必要となり、
遅いテンポであれば逆に細かいpulseを感じる能力がやはり大事なのである。
…しかも…無意識の中で…オレには無理なので意識的に手に入れるexerciseを考えるのである。

それは一度にいくつかのpulseを感じてるか~?
あるいはそれだけ多くのpulse・offbeatを身体が知っているか~?
…その辺がポイントのようである。

◆ドラマーの視野…「最低3種類のテンポ感を持つ」

例えば私はdrumをplayする時には、
数種類のpulse(波動)・beat(拍)・groove(ノリ)同時に感じる必要性を強く感じます。

・example…8beatをplayするとして~

・右手ハイハットシンバルなど…細かい8分音符、16分音符などのbeatやパターン。
・左手スネアドラム…1小節に二つのafter beat、その他不特定多数のコンピング。
・右足ベースドラム…down beat~あるいは奇数拍、また不特定多数に~。
・左足ハイハットフット~クローズさせておくために踵を上げたまま、
            あるいは知らない人が見たら貧乏揺すりだと勘違いされそうなghostmotionという動作。

というようにdrumをplayするという状況自体がindependent(手足の独立性)と、
polyrhythm(違ったgrooveの同居)の要素が含まれているのです。

しかし、素晴らしい~! と感ずるプレイヤーのアプローチを聴くにつけ、
彼らの精神状態までを知ることが出来ませんが、
その表現の広さは一種類のgroove(ノリ)だけではなく、時には倍テンポに、またhalfのpulseを感じ、
又ある時には1,5拍beatを感じ、
時には3分割beat…その他多くのpulse・beat・grooveが体内rhythm・boxに同居している気がしてなりません。
そんな彼等とは比べものにならないかも知れませんが(ホットイテ~!)、

自分が「今良い~!」と感じている時、
余裕を持ってbeatを見切れるその要因の一つはpolyrhythmであり、
一度にどれだけのpulseを同居させることが出来るか?
の疑問がそういったexerciseを考えるところとなるのでした。

■polyrhythm・intro
三分割であるワルツ「3拍子」は二分割=4分割することでpolyrhythmが出来上がります。
一つの曲、リズム、テンポ、表現力を広げる意味においても、上下は元より、縦横、そして斜めにまで視野が行き届くが如く、
同じテンポ同じ曲の中においてどれだけ多くのgroove(ノリ)を知っているか? 感じ取る事が出来るか?
それを実際表現出来るかどうか? が、表現力を広げるという意味において重要な課題となってきます。
専門的な事は私も持っている「Polyrhythm」などの教則本にお任せし、ここでは基本形であり、
日常でも楽しく(?)exerciseが出来る方法をとり、それを解説していきたいと考えました。

■polyphony・rhythm
ここではポリリズムの基本を試みことにします。
プレイする時、いくつものbeat・pulseを同居させることは表現力に直接影響が出るのは言うまでもありません。
3分割に対し2(4)分割。
また2(4)分割に対し、3分割を加えていきます。
まずは序盤、基本形である。しかし・・・・・難易度は高いかも知れない。

○ベーシック

■3分割 to 4分割
歩きながらpolyrhythm、
まずは3連符アクセントチェンジ。
実際中級者でもドラムセットの前での難易度は高い部類です。
何故上手くできないかは明らかで、決してテクニック的な面ではなく、
確固たるイメージ、ビジョンの薄さがハードルを高く上げているようです。

したがってこれから展開されるexerciseの体感は、
イメージ&ビジョンを明確なモノとする為にもシッカリ発音する事をお奨め致します。

tempo=80位がwalkingでの怪しまれない限度でしょうか?
出来れば遅いテンポ程効果は大きいでしょう。
出来れば色んなテンポを試して下さい。

onでステップしながらcount、アクセントを大きく発音して下さい。
出来ればそのアクセントポイントにclappingをしてみましょう。

  >   >   >   >
1・1タタ 2タタ 3タタ 4タタ …一つ目にアクセント
   >   >   >   >
2・1タタ 2タタ 3タタ 4タタ …二つ目にアクセント
    >   >   >   >
3・1タタ 2タタ 3タタ 4タタ …三つ目にアクセント
  >    >    >
4・1タタ 2タタ 3タタ 4タタ …四つごとにアクセント

そして、おそらく「サァ~ン~!」3の倍数で変になる世界のナベアツのように(古~)、
おそらく№4で変になるでしょう。
そして3の倍数で無理にナベアツにならなくともヨロシイ~!

3×4=12…3で割り切れる一拍×4拍
4×3=12…4で割り切れるフレーズ×3
これは3で割り切れる音符を無理に4つで割り切った事で違ったテンポに感じさせるtensionであり、
ユーモアであり、これも一つのpolyrhythmです。
rhythm・beatの進化の一つです。
リズムの変かもユニークですが、これを音程にしたら~もっとオモシロくなると思うのである。

あくまで~初級編でした。


polyrhythm初級

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<1%VS99%…「貧困大国アメリカ」提 未果 | ホーム | ■昨日は山野楽器有楽町にて【ENSEMBLE・WORKSHOP】だった~日記~!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |