ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

「on」「off」grooveに不可欠な要素〜練習日誌

off beatは大事〜!しかし〜「on」も大事〜って当たり前な結論に〜!
壊れてばかりのプリンター、
新しいプリンター、インク入ってないじゃん!

また〜この後結構な文章書いたのに〜一瞬にして消える。
一瞬でもデータが変化する時保存するか?を求めるWindowsの方が信頼出来る!

チョットLIVEから遠ざかり、不安気味、
「off beat鍛えてるから〜大丈夫〜!」などと言って自分を慰めるもやはり不安は付きまとう。
大きな事故や小さな事故も、そして大事な発見は現場における経験がモノを言うのだ。

まずは自分の内部におけるアップグレード。
体内メトロノームを体内Rythum・BOXへのUP。
内側の自分を鍛える。
音源を使い、周りのサウンドに助けられココチ良くなってるのではなく、確固たるbeat、信頼できるRythum勘を養うべきなのである。
しかし時には音源に合わせ、メロディー〜ハーモニー、
曲調、構成を認識しながらの、grooveをキープしながらのplay、
耳と頭脳とのバランスも重要となり、今回音源に合わせてplay。
その音源は〜CDの大掃除で見つかった〜Latinjazzの素晴らしいgroove、
アンディー・ナレル(スティールパン)のアルバム三枚。
昔練習で使っていたアルバムをワクワクしながら久しぶりに使って見たら〜grooveが合わないのでそりゃ〜もう驚いた〜!「タァ〜ヘ(下手)になってる〜?」チョット落ち込む。

♩〜タタタタタタタタ
> > >

♩〜ツンツタツンタンタンタツンタン

など〜上半身の問題〜? それとも〜?
カリプソ

・右足のフットワーク〜?
♩〜ド・・ド・・ド・
♩〜ド・・ドド・・ド

あるいは左足H・Hフット〜?
♩〜・チ・チ・チ・チ・8分OFF
♩〜チチチチチチチチ〜8分音符

など・下半身の問題〜?

音源に合わせてみたり〜click(「on」「off」)のみでplayしてみたり、
clickの4bars音源を使ってみたり、

少し時間を掛けそれぞれのパート別にplayし、
何処に要因があるか確かめる。
そして理解したことは〜?

off beatへの固執からか、「on」への意識が弱まっていたのかも知れない〜。
「on」も大事、「off」もやはり大事〜っという当たり前田(古〜)な結果を再確認。
「on」clickへのexerciseも多めに取ろう〜と考える今日この頃なのであった。

そして〜人への恩は〜もっと大事なのであった〜。
お後がヨロシイようで〜チャンチャン〜!

テーマ:ナンチャッテじゃずどらむ - ジャンル:音楽

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<凹んだ「レッスン日誌」 | ホーム | ■効果的なLesson>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |