ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆lesson日誌~明日は「リズムワークショップ」五つのgroove&pulse

リズムワークショップ
◆lesson日誌~明日は「リズムワークショップ」

明日は~リズムワークショック~ちがった~ワークショップだったぁ~。
「皆さんはここへ何を望んできましたか~?」と一人一人聞くことにしている。
当然当日のメニューはある程度決まっているのだが、
受講者の希望によって若干のSTORYの変更、微調整の余地はあるのだ。
そ~なのだ~この講座こそが即興であり~jazzなのであ~る。

「ノルってことがわかりませ~ん」~「Bossa novaを歌う時~大きく乗りたいんだけど~」
「8beatと16beatってどう違うんですか?」「grooveって~何ですか?」…etc. 
受刑者~じゃなかった~受講者の答えは大体想定内なのであ~る。

つまり~これらは私が長い間悩んできた事象であり、
恐らく多くの人達の疑問に比例する内容なのだろう思う。

「私が二年悩んだ内容がこの二時間に集約されています」と何時ものセリフをオレは吐くのであ~る。
したがって~ここでのSTORYはややマニアックとなってしまう傾向が生じてしまうようなのだが…、
それって~しょうがないよね~?(誰に聞いてんだ!)、

おそらく明日もこのようなことがメインとなるであろう…。

◆「五つのgroove&pulse」~!
「音楽には国境はないが リズムには国境がある」HERMETO・PASCOAL

私の中ではgrooveにおける要素はほぼ解決しています。
~と言っても私はまだまだ発展途上であり「より高きgroove」への道~は永遠です。

●「5つのGroove&Pulse」
巷にあふれ出る様々なgroove&rhythm…しかし!私の認識では特殊なケースを除き、
5種類のgroove(feel)を理解する事でgrooveに関するほとんどの問題が解決します。
さて…その五種類とは…?

・groove1・4分音符 a quarter notes Feel …
~jazzバラード 雅楽~など
・groove2・8分音符 an eighth notes Feel …
~8beat Rock Latin~など
・groove3・3連音符 a triplet Feel …
~Blues swing Shuffle~など
・groove4・16分音符 a sixteenth notes Feel …
~16beat Bossa nova・Samba ~など
・groove5・16分swing(bounceとも言う)…
~hip-hop Reggae funk ~など

以上groove1からgroove5までの5種類。これで殆どのgrooveはO.Kです~!

まずは誰が何と言ってもリズムの基本であり基盤であるところの「4分音符」の違い(ノリの違い)をupbeatの存在、
その重要性をメトロノーム~音源を使い、体感から知ることでgroove(ノリ)理解していきます。

「straight(均等)」「swing・bounce(ハネる)」の違いだけでも理解することでgroove度はアップするでしょう~!

・「跳ねるリズム」
花笠音頭を始め、音頭系は殆どハネてると言って良いでしょう。
Funk・hip-hop・RAP(ラップ)黒人系音楽にはswing(bounce)が多いように私は感じます。
もっともstraight・swing・・・・・そんな言葉さえ知らないうちに対処し、
演奏を楽しんでいる人もいる事でしょう。
ただ! 何の気なしに・・・・・と言うのはとても危険であって、
打ち合わせなしに相棒であるベーシストが、
またはドラマーが、またギタリストがピアニスト・・・・・が、
straight、それともswingのどちらかをチョイスした時、
当然そのタイミングを知りgrooveを理解する感性は持つべきです。

ちなみ~on~offbeat~upbeat~そのような言葉を知らなくともgrooveを知っている人(民族)もいれば、
「練習してればそのうちに~」何気に成長を期待し遠回りとなってしまった自分がいます。
感性豊かな人は感覚で理解し、知らないうちに対処してしまっていることでしょう~が、
鳴るべく具体的なdata、アドバイスを欲している人も多くいるのだと思うのです。
過去の私がそうだったように…。

明日のワークショップ~上手くgrooveしますように~チャンチャン!

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<◆リズムワークショップ終了!皆様に感謝~! | ホーム | ◆昔書いた日記より「演奏中のゾク!~の正体って?」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |