ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆「ユージの音楽遍歴~上京後~しょのⅡ~!

明日は「impressions」OrganJazz倶楽部でのliveだ。
実はこれまでのサウンドには満足していて、メンバー各位にはとても感謝している。
しかし~「次回も~絶対~見に来たい~!とさせるのには、何が足りないのだろうか?」
を、ある時期から考えだし、ちょっと違ったessence~味付けを加えるにはどうしたら良いのだろうか?
で、ズ~ッと頭を悩ませていた。
加えるのなら~やっぱ女性だよね!…これだけは決定している(~コラ~スケベ~)。
数人の顔が浮かんでは消え~「今度liveにアソビに来ない~?」とメールしたのは、
今は亡き素晴らしきパーカッション奏者・細畠洋一のバンド「voice」で一緒だったヴォーカル&パーカッションのK・ヒサエちゃんだった。
電話して思い出話もしながらリハーサルから顔を出し、数曲歌ってくれることとなった。

~さ~て~これから何をどうアレンジし、
どの曲をどういう風に歌って(パーカッションのパートも)いただくか?
考える時間を増やすことは、自分にとっても馴れ合いとならないことへのSTORYの変化をウレシク思っているのようなのだった。


◆祐ちゃんの純情~上京してからのタイヘン!しょのⅡ

そりゃ時々めげそうになるのだけれど、
色々言われる事、それは只の文句では無く、注文であり、
良くなってもらいたい!という親心から来ているのであろでしょうよ?
しかし余裕など内当時はそんな風に受け止めることなど出来ず、
至らなさの腹いせにおける悪口、ただの苦情にしか聞こえませ~ん~!
・・・・・だった。

後で考えると自分の至らない部分を発見することは、
自分が成長するためのとても良い機会であること、
またレベルが上の人とのplayから学ぶこと、
playにおける緊張感、危機感を知ることは後の音楽生活において大きなプラスとなることを、
このアップアップしていた若かった時の僕に理解することは出来なかった。

そう書いていると、そんなガミガミオヤジぐらいにしか思えていなかった記憶の中から、
「○×日空いてるか?」「え~はい空いてます」
メモを渡され何時までに来なさい。
栗田さんのボーヤを何回かやらせて頂いた事もあった。
 
ある時はTVの撮り、
それからレコーディングの時の様子も昨日のことのようにも思い出される。
ボーヤなんて必要の無いエレキベースの時にも呼び出された(呼び出して頂いた)。
そしてある時にはビニールケースに入ったエレベを受け取り車のシートに載せた時、
栗田さんは怒りだした~!
「弦の方を下にするヤツがあるか~!」
「…」
…ギターもベースも~持ってないし~何て言い訳は~ききません!

「音楽家なら常にその位神経をとがらせてないとダメなんだ~」
仰せの通りでゴザンス~。

色々あったが当然良いお小遣いとなった。

そしてそれは森本洋子さんというピアニストのレコーディングでのことだった。
「ウ~ウ~…ゥゥ~ウアァ~ア~…ウゥウ~」、
play中思わず声が出てしまうミュージシャンがいる。

栗田さんもその一人。
演奏しながらツイツイ唸ってしまう。
決して悪い事ではないと思う。 
歌いたい気持ちでプレイする訳だから声が出てしまうのも自然ではないだろうか?
「キットだいじなoffbeatを歌ってる(感じている)のだろうな?」っと思うのだ。
現に大尊敬のキースジャレットを始め、菊池のプーさんなど、
よく聴くとSteve Gaddも声を出してるし、
演奏にまみれて聞こえるプレイヤーの声が入ったアルバムを知っている。

しかしこの時のプロデューサーのお気には召さなかったらしく、
「う~ん…・栗田さんの声がなぁ~栗田さん」
「はい」「次のテイクからマスクして演ってもらえます~?」
「…マ~マスクですか~?…は~はい」

栗田さんマスクを着けられて演奏する羽目になってしまった。 
特にベースソロの時など見ていて息苦しそうだった。

頑固オヤジの一面もあれば、俺のはプレイはかなりヤバかったが真面目さが認められてか、
なんだかんだ言って可愛がられていたのかも知れないと~今になってはその恩を感じる。

しかし~!
一番最初のギャラ日に言われた事は今でも決して忘れない。

栗田さんの口から「はっきり言ってyouにこのギャラを上げるのは惜しい」と言われた!
…でも~悔しいけど~それは本当のことだったから~。

ナニクソこれも発奮材料じゃ!
等と当時思ったかどうか分らないが落ち込んだ記憶はある。

そうした中この店のクローズが決まる。 
経営者の思惑通りにお客様の動員が難しかったようだ。
結局3ヶ月位しかもたなかったのだった。。

でも「これで開放される!」、
内心ホットした気持ちも確かにあった。
 
でも又バイト探さなくては・・・・・。
またアルバイトニュース朝一で買って、
あちこち電話して~履歴書書いて…めんどくさいなぁ~!

半分腐っていた矢先に前回お世話になったサックスの尾山さんから…
「どうせ~来月も空いてるだろ?一緒に仕事するか~?」、
どうせ~ は、ないでしょ! などと反撃はせず、
「暇です!暇です!」しっぽをフリフリ仕事を頂く事になる。
「岡山だけどね~」
「お、岡山って~何区でしたっけ~?」
「・・・・・」
「山手線?~何線ですかぁ~?」
「・・・・・岡山は岡山!(キッパリ)岡山県のオーカーヤーマ~!」
「ゲゲ・・・・・」
「しかも二ヶ月のハコだからね」
「長いすね~」

当時も今も、
遠く離れて寂しくなる相手もいないし(ホットケ!)、
僕に迷うほどの選択肢はなかった。

かくして祐ちゃんは岡山に行くことになるのであった。
しかも2数ヶ月契約の筈が、
数ヶ月となってしまった・・・・・この後が又一波乱?

…ユージ腱鞘炎となる…勾ご期待~?

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

◆【祐チャンの純情・音楽遍歴など】 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<◆impressions~OrganJazz倶楽部…ドラマーの視野! | ホーム | ◆「日本人は~grooveしない?」坂本のscholar~祐ちゃんの純情jazzのお仕事~!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |