ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

昔の日記より~■jazz・mode

今は車の中ハンドルを握っているところだ(勿論思い出しながら家で日記を書いています)、
今日のギグ(仕事)は横浜「bar、bar、bar」にて今田勝トリオ。
全編Jazzは久しぶりだ、よって体をJazzmodeに・・・・・、
ギアチェンジするみたいにいちいちモードを変えなければいけないのは俺に才能がない為だろうな・・・・・シクシク。
「音楽はココココ~!」と言って胸に指を指す、そんな大御所とは次元がキット違うのだ。
人は人、俺は俺、マイペースで行こう。ここ最近はLatinぽかったり、16beat寄りのギグが多かった。
Swingは正直いまだに魔物である。
この日が近くなるにつれ ラテンのクラーベ、パイラ等の練習をしていた、
と思うと「4ビート」と言われているjazz特有のシンバルレガートの練習に多く時間を掛けるようになる。
悲しいかなそうしないと体がしっくりこないのだ。
「リズムが変わったら 又気分も変わって良いよね」なんて夢の又夢、
そんなセリフを吐きたいモンだ~!国立から横浜は結構あるよ、ヘタしたら2時間30分かかる事もたま~にある。
と思うと 1時間15分で着いてしまった。と言う事もある。

最近はイライラするのがイヤで 余裕を持って家を出る事にしている。
その家を出るギリギリ迄食事をしたり、軽いウォーミングアップをする。
どんな事をするかって? 練習パッドで軽ーくスティックコントロール、
隣に迷惑掛けない程度に小さな音で、でも居ないと分かったら大きな音を出す。
居る居ないがなぜ分かるか?  …それは感だな!(ホントは~音がするかしないか?)
イザ出発、車に乗るとかける音楽もやはりJazzだ・・・・・でもないか、
最初は何も掛けないで多摩川を超えて行くその辺の景色を見ている事もあれば、
まさに「無」の境地、ホントは考えるのも億劫だったりして。そして時として音楽を鳴らす。
多摩川沿いの道を好んで走り、やがて第三京浜、高速に乗る。 
晴れている時は気持ちが良い、雨の日だとチョットブルーが入る。 
でも前の日にオイシイ仕事で儲かって珍しく財布の中にはいつもより現金が…、
そうした場合は雨の日でも元気だ!こういうのを「現金なヤツ」って言うのだろうな~なんて考えながらのドライブだ。
保土ヶ谷、ここまで来ればもう横浜だ、気のせいか潮の香りが・・・・・シュウマイの香りも・・・・・(それは気のせいだろ?)。
「チョット練習しよ」少しの渋滞を良い事に、jazzのCDをカーステレオにぶっ込み、
流れ出したOscar Petersonトリオに合わせ、スティックを取り出し、ハンドルの右横、
フロントボードに貼ってあるスポンジに向かってシンバルレガートを始めた。
音と一体化するように、自分が J・ディジョネットや、エド・シグペン、 
あるいはアルフォスターや、フィリーみたい気になってレガートをする。
あるいは 音源に合わせた練習の他に良くやるのがclickに合わせた練習だ。
ディーン、ティイガディーン、ティイガ ~ 歌いながら合わせていく、時には音源じゃなくメトロノームも常備、
Clickはオンに合わせるのではなく、ピッピッッピの音を 3連符の最後、
オシリに聴くのである。慣れるまでは大変だけれど、難しい分結構体に効きますよ。
お尻に効くのはボラギノール・・・・・失礼!

その即席スポンジシンバルを叩きながら思い出した事がある。
それは今から18年くらい前の話だ(この日記自体古いのでかなりの以前)。
この日もライブに行く途中、やはりボードに貼り付けたスポンジに向かってメトロノームをoffに聴きながらレガートの練習をしていた。新宿近くの甲州街道 とある交差点、赤信号待ちで止まったと思いねぇ~。
右手レガートの練習は止めないまま フッと左横を見ると隣の兄ちゃんと目が合った。
すると、何と! その兄ちゃんもスティックを持ってボンネットあたりをインチキインチキ練習しているではないか!
はたして向こうもレガートの練習かどうかは定かではないが、
気のせいか、お互いの目が「キラ~!」っと光ったような、
お互いドラマーなだけに対抗意識(タイコ)が強いのだろう・・・・・っという嘘のようなホントの話でした~。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<1%の大もうけしているfixerからの経済的圧力、既得権益、の力に屈するのが人間の性なのでしょうか? | ホーム | 祐チャンの純情~不思議な続き…を!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |