ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

NAKANOSpecial2017夏



NAKANOSpecial2017夏〜!
一応の仕上がりですぅ、
〜なおジュニア用に初級編も有り〜
早速今日のレッスンで使おうかなぁ。

意味のある難易度はかなりアップ。
俺も出来ないパートの組み合わせも見られます。
〜自分の練習用でもある〜ウッシッシ〜

特にポイントはフットワークをCuba系とBrazil系と両方踏み込んだ。

Cuba系ではやはりクラーヴェとカスカラ等がポイントで、
Brazil系ではタンボリンパターン、
スルド等がポイントとなります。
したがってレッスンやリズムワークショップではこの辺を覚えてもらう(譜面見なくても叩ける)ところから始め、
他のパートを加えていきます。
教えていて気付いたのですが、
タンボリンパターンとクラーヴェ・カスカラがとっても似ているのです。
したがって凄く危険な言い方ですが、
Brazil系Cuba系多くな違いはベースドラムに有ります。

ベースドラムが「on」に多いとBrazil系、
オフからクッて入るのがCuba系。
したがって〜両方のベースドラムパターンをある程度身体で理解するのがポイントのようなのです。
〜とてもキケンな言い方ですがね〜
イリアーヌのアルバム素晴らしかったし今日のOYECOMOVA やるつもりだったクラスも、TOTOのAfricaやる予定だったクラスも〜ボサボサじゃなくってbossa novaブラシで〜やろうかな?〜 チャンチャン!

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |