ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

◆今日は暮れ…今年最後の日記「ドラマーの視野から」

リズムの善し悪しの要素のひとつは、
「サブディビジョン」瞬時にbeatを細分化し、
どのような「groove(ノリ)か?を理解する能力。

残念ながら(?)元々リズム勘が良く、
そのようなDNAを持って生まれた人は残念ながら(?)存在する。
オレの場合はどうやらその人達とは…残念ながら違うらしい。

私はドラマーである。
ちょっとコード進行の難しい曲で、
ピアノやサックスがすばらしいソロを取っているのを聴いて、
他のパートに比べてハーモニーの制約が無い(厳密には存在する場合もある)私は羨ましくもあり、
もしも他のパートに挑戦するとしたら、
「それにはスケールとかいろいろ勉強し、沢山練習しなきゃだよな」コワクもある。

したがって、
「それに比べてドラムは楽だなぁ~!」っという感想を漏らす。

しかし~!
他の楽器の奴がそのようなことを申した~ っとしたら、
私は怒り狂う?かも知れない。

などと座右子(ザウルス)に文字入力しながらsax fifth avenueの忘年会へと向かった。

…例えばリハーサルなどにおいて、
皆が所見(初めて視る譜面)で楽曲を仕上げて行く場合、
まるで目を皿のようにして譜面を追って行く他のプレーヤーよりも、
ある程度想像させながら進んで行く事が出来るドラマーの方が、
全体の曲調(グルーヴ、ダイナミックス、何処にどんな風に進んで行くか?)などを、
広い視野で感じながらリハーサルを進めて行くことが出来る。

そう言った意味ではドラマーは幸せなパートと言えよう。

本当にあったかどうかは知らないが、
ある笑い話を思い出した…「君達のバンドは何人だい?」
にバンマスは答えた。
「五人の音楽かと一人のドラマーです」。

ドラマーにとっては腹の立つ話だ。
「なるほどねぇ」なんて感心してる奴は音楽辞めなさい~!

音程差が無い分ハーモニーから解放され(シツコイが厳密には存在する場合もある)、
ただしその分grooveというワードが直接的ドラマーに寄りかかってくる。

「groove」という抽象的なワードには幾つかの要素があって、
その何かが足りないとgroove出来ないのだ。
その辺を極論すると、
他のパートよりも完璧でなくてはならない要素。
それは・・・・音楽性…なのだが、
取り敢えず…「タイミング」ということが言える。

しかし~!
正確ならばgrooveか?
と、問われれば、
不正確よりはgrooveなのだが、
正確を越えたgrooveが存在する。

小澤征爾さんもTVのインタビューでその辺を語っていた。
「音楽を解ってくると縦(タイム)の線を崩したくなるんですよ」、
その辺を説明しながらあるパターンを歌う。
それを聴いていると最後のフレーズでリタルダンド(テンポを遅く)していた。
「それが音楽的であるならば、しかも自分が自信を持って棒を振れば、
オケがそれに着いて来てくれることも解った」と語った。
また…「もしかしたらズレルかも知れない、
でもねぇ、お客さんはそっちの方を喜んでくれるんだよ」と、
熱く語った。

…ああ…忘年会遅刻だ~!
しかも昔たまぁに行っていた秋葉原を甘く見たせいで遅刻。
今回もシバタは絶好調~!
「あのさぁ~ メード喫茶ってさぁ~冥土の土産の冥土喫茶だと思っちゃうよねぇ~ハッハッハ」
ハッハッハって、
そんなこと思うのは冥土に近い奴だけだって…ハッハッハ。
音ヤンは「じゃお先」
「仕事~?」
「いやいやオモバカ視るから…よいお年を」
「留守録録ってないの?」
「いやいや…リアルタイムが良いんですよ」と言って帰って行った。

結構ヘロヘロとなって帰宅。
仕上げにワイン痛飲。

31日の今日はご馳走を仕込む(経済に見合った)。

最近寒がりなオレ(ジジイ現象~? ホットケ!)。
ケイオーD2で見かけた「着る毛布」も購入。
さすが師走、
客が一杯並んでる。
若い女子のレジに並ぶ。

「今年こそは部屋を奇麗なままに・・・・」
毎年思ったのもつかの間の想いとなってしまっているのが恒例だ。
去年「掃除好きになれますように」、
購入したサイクロン小型クリーナーも、
去年は功を奏さずであった。
今年こそは…っと、強く想った。

体脂肪対策でwalking。
軽い軽運動は腰が腰痛のため控え歩くのみ。
買い物も含めたウォーキングで万歩計は1900歩を超えていた。
サイクロン小型機
写真は…来年からはお世話となるはず…サイクロンの小型機。
それをノートからPDA数種…金もないのに…、
使ってないのも…正にオバカです。
でもどれにも愛着があって…このほかにデスクトップが…デェ~ンと。
皆さん~良いお年を~!

テーマ:ドラム - ジャンル:音楽

原稿ネタ | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>