ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

ライブ日誌・昨日の東京倶楽部も熱かった~!

◇智英ちゃん&トリオのライブ。
トリオと言ってもチャンバラトリオや、
てんぷくトリオではない(共に古いから大笑いは期待出来ず…はぁ)。

ピアノが徹夜(ハタヤテツヤ)だと思ったら永井さんだった。
ながい夜の徹夜・・・・・なんちゃって。
共に下らないから笑い取れず…はぁ…。

永井さんだった…と言っても期待外れだとかなんかじゃなく、
どっちもユニークで好きなピアニストである。
この日も燃えました~!

ベースは相変わらずサリー砂糖(アマ~イ)もとい、
左党(コワ~イ)もとい、
佐東・・・・・そっち行っちゃった~!

そしてオレは…U字工事じゃなくって、
ユージ講師。
ゴメンネゴメンナネェ~!…だ。

だ…って、お笑い知らない人には意味不明…だ…。

相変わらずのサリーさん、
と言っても、
もういい加減飽きた…とかではとうぜんありません~!
相変わらず大groove~!

智英ちゃんオレの譜面並べ間違いして、
オレが間違えたみたいでもぅイヤァ~ン~!
こういうことって、
脈拍上がっちゃって、
その脈拍を元に戻すにも、
お客さんにこのミスを(オレのミスじゃないけど)忘れさせるためにも、
良いプレイを数カ所?
それも数曲分は演出出来ないとイケマセン。

したがってそれがプレッシャーとなってしまう場合もあるのです。

それが1ステージだった。

しかもその後の2ステージ目、
一曲譜面無し。
「次はバラードの・・.?-x- % 7 n/.# !qです」にオレ。
「あれ?そんな譜面無いなぁ」
演奏し終えた譜面を探すが
・・・・・無いじゃん~!

何回か演ったことのあるバラードだし、
エンディングも注意して状況とアマ~イ砂糖さん見てればなんとかなりました。
これもドラムだからOK。

しかし…こらぁ 佐野ぉ~!

この日結構スティック落としそうになる。
「このハコは小綺麗なサウンドで、
よりピアノとヴォーカルを生かしたアコースティック感を…」
という配慮から、
何時も使っているデニチャンモデルや神保モデルよりも、
二回り位細め&軽めのスティックを使った事と、

ライドシンバルの角度を約6度位右側に片寄りすぎたからだ。

生徒が二人、
ドラムセットの脇に座っている。

実はちょっと恥ずかしかった。

実はそれもちょっとあったりして…???

◆ニカズ物語
先月も演ったニカズドリーム、
この日リハーサルで取り上げるって事は当然本番もあり。

この曲…、
実は前回ドラムソロの後で皆が入れなかった…
という事実を、
あまりブライトでないオレの脳(ホットケ~!)が思い出しやがって~!

oh脳~!

そのことを書こう~!
前回ニカズドリームのリハーサル。
もう曲調が体に入ってる~?
と思い込み、
譜面を見ないで望んだのだった。
ピアノソロ後、
イントロのパターンか?
次に向かうブリッジか?
一瞬の迷いがインパクトに欠ける結果となり、
動揺がプレイに当然反映され、

「…本番でなくて良かった」という感想を持った。

もちろん本番は?
当然O.K.

リハのミスのおかげで(ミスがなければなお良いか?って説もあるが)、
ピアノソロの後はイントロと同じパターン、
その後次のブリッジ、
そしてその後ドラムソロようのキメ。

強きビジョンとして躰に入ったのでこの日の演奏は完璧…ただ…ドラムソロ部分を抜かせば…。

tensionの薄いソコソコのソロだったら危険性は少なく、
皆が安心して入れる。

でも適度なtension(時に極度)、
熱さはオレにとっては重要なファクターなのであり、
オレがミスを恐れながら無難な演奏をするようになったら、

もう終わり~?

それも…成長~?

前回は入れなかったドラムソロ。
今回は皆無事in。

…多少…判りやすいSOLOになっていた~?

でも…そこそこのtensionはあったはずだ。

やっぱ、
即興性の富んだジャズ、
素晴らしい~!

…と、
近くでみてた生徒達にも解ってくれたらいいなぁ~!

店の女店員さんが…
「ドラムの方にイッパイご馳走したいんですって」
オレのドラムを気に入ってくれたらしい(もちろんチエちゃん始めメンバーのおかげでもある)。
主婦の方だった。
コヒーをいただき乾杯をして少し話す。

こういの(喜んで頂く&意思表示して頂く)…良いんだよね~!

皆…VERY special Thanks 

…チャンチャン!


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

ライブネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>