ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

日記ガンコジジ~とガンジーと宇宙人~?

photo by シバタ
photo・シバタ

○頑固ジジイとガンジー

少し前の日記で…
「何をぉ~!もうろくジジイだってぇ~?」
「違いますよ先生…
もう六時だぁ って言ったんですって」…とか、

「先生ってガンジーに似てますね」
「…頑固ジジイでガンジー~!」
「ウルサイ~!」

…なんて書いていて、
読みかけだった「あるヨギの自叙伝(P・ヨガナンダ)」のページを開けたら、
ガンジーのもとへヨガナンダが訪れた部分が出てきた。

暗殺される前日、
「明日という日が無いかもしれない」と言い、
重要な書類をもって来させた。
…というこのガンジーは、
もちろんガンコジジイのガンジーではない。

ガンコジジイ…は、
オレだ…ホットケ~! 

ガンコジジイ じゃなかった、
ガンジーは、自分の死を知っていたというのだ。

ガンジーの唱えている「非暴力こそが世界平和~!」これこそ真理であり、
キリスト、仏陀 マイトレーヤ、シェアインターナショナル、密教、
の唱えているところなり。

電車の中でインターナショナル・ベンジャミン・クレームの著書を読む。
…と、ジョージアダムスキー「空飛ぶ円盤同乗記」を、
フィクションだと思って昔読んだ記憶があるが、
ノンフィクションだって…ビックリ~!

sax fifth avenueのリハーサル。

「ブログで大笑いしましたよ」とシバタが言った。
一瞬その日どんな日記をアップしたか理解出来なかった…。
(おっとっと…って事は、これも読まれる可能性が…????)

今日も… ♪ ダァン ダダダダァン ダダダダァン
ダダダダダダダダダ ダァン…♪
「Breeze&I(そよ風と私)」イントロに入ろうと思ったその時…
このイントロで、
シバタ&オトガワが水戸黄門のテーマを思いだして笑ったのをブログに書いたのを思いだした。

したがい…♪ ダァン ダダダダァン ダダダダァン
ダダダダダダダダダ ダァン…♪
を叩きながら「キットまた笑っているだろうな」シバタを…観測。

「あれ?笑ってない」
しかし~!

必死に笑いを堪えている様相を呈した唇左サイド付近の筋肉が、
「笑うまい」として、
ヒクっているのをオレは見逃さなかった。

♪ ダァン ダダダダァン ダダダダァン
ダダダダダダダダダ ダァン…♪
…と叩きながら…「何か変~?(感触&音)」異変を察知。

手元を見たら…なんと両手でマレットを…の筈が、
片手にマレット、
片手に…スティックだった。
何てこったい~!

♪ ダァン ダダダダァン ダダダダァンを叩きながらシバタを…観測。
余計なことに気を取られてる場合なんかじゃなかった…って噺なのだった。

リハの帰り数年前に「ウンモ星人が…」とか?
「ミステリーサークルが…」なんて不思議な発言をしていたオトガワに…、

今日もシバタはカメラを持ってきてメンバーの写真をパッチリパチパチ。
何故かオトガワの写真が巧く撮れず、
オレは「オトガワこそが宇宙人~?」って結論付けたオトガワに、
「こんなの知ってる~?」

シェアインターナショナルの本を見せた…
「あぁ~! ベンジャミンクレーム、
その人の本読みましたよ~
講演にも行きました」

既に本を読み、
なんと何度か行こうと思ってスケジュールが合わず行けなかった講演にも行ったらしい

…オレの負けだった~! 

ちなみに前回Blues array Japanでのlive時、
♪ ダァン ダダダダァン ダダダダァン…は、
水戸黄門に聞こえたっていう情報を得た生徒の席は、
この曲が始まった瞬間笑いに包まれたらしい。

水戸黄門は日本人だからしょうがないのかもしれない…。

オレ的には…ボレロ…なんだけど…チャンチャン~!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>