ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

sax fifth avenue ライブ Blues array Japan 2days 初日

12:13 2008/10/29
10・27
咳止まらず、電車で大ひんしゅく…まいったまいった。
当日のソロ…はたしてどんなになるのだろうか~?・・・この緊張感・・・・たまらない。
薬はまだ飲んでいない。
ギリギリ、ライブ当日もやばかったら風邪薬飲むことにする。

練習では良い感じに手が動く…は、テクニック的な要素よりもビジョンの問題のほうが重要である。
いかに楽器と良い会話が出来ているか?
時に熱く、またcoolに…。

ノリ玉ふりかけを見つけ購入。
何十年ぶりかで懐かしい味を楽しむ。

10・28
ライブ・・・・sax fifth avenue at The Bruce array Japan
睡眠が取れるか?がポイント。
昨晩はナベ、熱燗 屋上でbeatの女神に「明日は良いギグが出来ますように拝む。
「クールにいけば大丈夫だよ」と言う声が・・・・したような。
クールにって、オレの苦手分野です。
風邪なんだけど当日軽くwalkingに出て…そして疲れる。
風呂に入ると・・・・突然咳が、昨日の、ここ最近の状況と同じく咳が止まらなくなって約1分近く続く。
もし演奏で、しかもソロの最中咳止まりまへん・・・・なんてなったら、今日こそ風邪薬解禁。

4時リハーサルスタート、何時ものように余裕で奈菜緒に乗り込み、
2時前には余裕でブルースアレイに到着、セッティングにじっくり時間をかける。
スペシャル2デイズ、初日は動員が難しそうだったが蓋を開ければ満員に近い入り。
そして演奏は・・・・グッド・・・・?
小さな事故は日常茶飯事、朝飯前。
またまたオジサンがシバタのソロをすっ飛ばしていってしまう。

休み時間フォーエバーかけてもらう。
本家の方は・・・・こんなにシンプルで、単純に美しい、を知ってもらうために。
なんで難しいか考えてみた。
自分の中で、テーマとソロ部分の進行が繋がらないからだと想う。
我が輩の感性不足…かなぁ?

自分のヒューチャー曲、ソロなど何時もはある程度ストーリーを作ることをした記憶があったけれど、
今回は新曲を覚えるのも多く、その場で浮かんだフレーズ、歌を、素直にプレイする事に決める。
自分のソロは、某ドラマーのような構成力も技術もなく。
ただ、「お見事~!」や「モノスゲー!」等の反応よりも、
「何それ~!」「何か面白い~!」、
弾けるのをポイントとする。
何も用意無いままソロへ突入。
「もし何も浮かばなかったら・・・・???」なんて心配もあるにはあったが、
そんな緊張感さえもを楽しめるようになりたい。
しかも今回のように、お客様も多い、大きな、大事なステージで…。

帰ってから湯船に浸かって疲れを取る。
深酒は控え1時過ぎには床につく。
おして今日7時には目が覚めてしまう。
まるで年寄り状態(もう十分年寄りだってぇ~…ホットケ!)。
二度寝出来そうもないのに整体に向かって癒しの林を抜ける。
この癒しの林には一本。
お気に入りの木があって、そいつに抱きついて癒されようと思ったけれども向こうからオバサンが来たので止める。

帰って飯を食らい、風邪薬を飲んで休む予定。

さて本日のギグは ・・・・ 

リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>