ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

昨日は…LIVE… 。

9・30 ライブ

新幹線がどうのこうの・・・・滋賀県
朝、立川駅を特急あずさが通りすぎるのを観ながら、
昔は急行しかなくって、
しかも貧乏金ナシそのままジャンのオレはキセルで・・・・
そんな事はどうでも良い、
あずさを観ながら、別に早く着かなくっても良いジャン!
便利になった分、感性が薄れ、
想像力の貧困さが、自分勝手な発想を生むのだ。


スケジュール・・・・

急遽決定!

10・5 セブンスアベニュ-「横浜」(Rock系・以前スターダストトレインをここでサポート)
級に空きが出来てサリーさんン頼まれる。Rock系だけれどもトリオでjazz!

10・17ラフ&スティング トリオ&マイチ(Vo)

12・30 ドルフィー


29日 東京倶楽部ライブ当日

目が覚め一時考える。
練習にしようか? ウォーキングにしようか?

良い演奏には何が必要か?
バランスである。
熱すぎてもダメ!
クールすぎても・・・・。
脈拍が演奏状況において、
とても大きな影響を及ぼしている事にある時から気付いた。
常識だよ! 何を今さら!・・・・と言う声もあるが・・・・、

冷静に思い起こしてみると、
調子悪く感じるとき、
・手が動かない
・イメージ・フレーズが湧かない
・疲れる
・息が上がっている

etc,

脈拍がこれらの要因に大きく影響しているのである。
どの楽器もある低度は同じだと思うが、
演奏している最中息をする。
当たり前だ・・・・でないと死んじゃうからね。
体調が悪いと脈拍が上がり、
呼吸を沢山するようになる。
この時点で演奏に対する影響は出ている。
特に動きのありるドラムは顕著であろう。

ブレスは少ないほど良いのは、
集中力がより発揮できるのは・・・・?
平均台にでも乗って考えれば分かる事だ。
大きく息を吸いながら歩いてみなしゃい!
落っこちるから…。

歩いている時の呼吸が演奏のそれに似ている。
ドラムの場合やや早足くらいかな、
脈拍が他の人よりも多いオレが運動をするのは、
良い演奏、PLAYに必要な集中力を付ける為でもあるのである。

この日、練習量よりも体内リズムボックスのアップグレード。
ドラムの練習よりもウォーキングをchoice。

さてLIVE…余裕で到着。
6時から軽くリハ、
5時半には着いたオイラは消化の良いバ~ソ(蕎麦)を食す。
難なくリハ終え、

1回目のステージ・・・・サリーさん・・なんか変!
終了後「ボーッとしちゃって」とサリーさん。
「そうだねぇ~!」
まぁそんな時も・・・・
ビール飲まなきゃ良いのになぁ~!
と、嘯く。
後半は盛り上げてきたサリー砂糖・・・・甘くなっちゃった~!

木更津から、有楽町のヤ○ハからも数人聴きに来てくれた。
嬉しいもんだ!
しかもドラムセットの間近にかしまし三人組が座った。
「恥かしくって、顔を合わせないようにして、
観ぬフリして結構観てました」
という生徒がいれば、
「私想いっきり観てました!」
と直視している生徒もいれば、
観ているような、観ていないような・・・・
ボォ~ッとしているような…そんな生徒も・・・・。
誰がそばに座ろうが、
音に集中しているから大丈夫・・・・!
と踏んでいたオレ、
途中から何か恥かしくって性が無くなる。

しかし大部分の範囲では集中出来ているのです。

音に集中出来、完成度を上げている・・・・という時の至福感は何にも変え難い。
grooveを「ココチ良さ」と、定義した通りホントウにココチ良いのである。
こんなオレの演奏する姿を観た日には、
惚れちゃうんだろうなぁ~何て思うのは勝手だ!
想い過ごしなのさ~!

げんに昨日、
ドラムセットのホンの間じかに座った生徒たち女性三人組、
かしましい三人組に・・・・
「あんな良い演奏を間じかに観ちゃったら・・・・もぉ、
惚れちゃうよね~?」
すると・・・・
「ぇえ~!そ、それはないよね~?」
「うんうんそれはないない!ねぇ~?」
「そうそう・・・・ありえない!」
断言されてしまった~!

想い過ごし、しかも被害妄想症候群の ・・・・オレ!
オ~レェ!

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>