ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

スティックを変え、気分も新たに…

10:21 2006/06/28

月曜 なんとかLessonを終了。
合間に少し練習、合間にドラムショップへ行き、
「何か良いモノ無いかな~?」探す。
「これ良いかも…??」
太めなれどチップは丸く小さい。
一度使って「やっぱダメだな」という感触で使うのを止した角田ヒロモデルが、
違うメーカーから出ていたのであった。
バランスが改善されている気がした。

Lessonで使って慣れさせるための1ペア。
ライブで使うためにもう2ペア。
スティックを計3ペア買う。
ダメだったらやはり元のスティックに戻す。

ブラジル系percussion用教則DVDも購入。
パンデイロ練習しなくちゃ… 。
昨日今日とオフ。
昨日体調が良いのか悪いのか解らない。
一見良さそう…でも「運動したい!」という意識までにはいたらない。
立川に出てブラブラ。
この間のギャラは、
バーゲン価格でのパンツ一本とTシャツ二枚でend。
21:54 2006/06/29
明日ライブ、心機一転、スティックを何年ぶりかで変えてみる。
今日もそのスティックを使って体になじませる練習に終始。
もしも気に入ったらまたRockInで数ペア購入するつりである。
「これって良いかも!」長年の勘で一気に気に入り一気に6ペア以上購入。
次の日の練習で・・・・「これ使えないジャン!」全部ゴミ箱。
という経験が数回続けば少しは賢くなる頭・・・・だと良いが・・・・。
オフオフの練習がここ最近功を奏している。
明日のギグが楽しみだ。

原稿直し

「シェイカー」
足は肩幅くらい、リラックスして立ちます。
おもむろにシェイカーを利き腕である方の五本の指で、けして握りしめず、
落ちない程度の優しさでつまみます。

空いている片手は・・・・腰に当て、
銭湯で飲むコーヒー牛乳のごとく、、
またはキヨスクで購入したリポビタンDをホームで飲むスタイルと似通っていても良いのです。

器用に手首をこねくり回しリズムを刻むのではなく、
肘の位置は一定とし、
肘からシェイカーまでの直線を、
大きく前後させながらシェイカー内の砂を操ることとします。
なるべく大きな腕の運動によって色んなパルスを演出していくのです。

beatの基本それは「4分音符」
テンポはユックリ目、5~60前後、状況に合わせ上下していきましょう。

幾つかのGroove&Pulseを学んでいくのですが、
意外にもシンプルである4分音符のGrooveが他のGrooveに比べ難易度が高いように私には感じられます。

砂が短く「チュッ・・・・ チュッ・・・・ チュッ・・・・ チュッ・・・・」
ではなく、

「チューゥア・チューゥア ・チューゥア ・チューゥア」
出来うる限り一拍を長く表現できるか? が、ポイントとなります。

「8分音符」
   
「3連符」
へと続く… 。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>