ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記




[STM]

音との一体、右脳の使い方。
spiritual

楽器との一体、フォーム。
technical

冷静なる判断、
mental

心技体
『心』「勝とう!」という強い気持ち、 精神力。
『技』わざ、技術。
『体』冷静に状況を見る自分。

STMと似ている!というか同じなのだ。
バランスが大事なのだ。

昨日は家を一歩も出ず、文書入力に明け暮れ、
とっても疲れたぁ~。
でもはかどった…。

二日目の今日も、じつはoff(休んでばっかり…)。
でも土日はLessonあるからね…まあここで言い訳しても…
誰にしているかも解らないから意味無いとして、
もうじき還付金(パンプキンじゃないよ)が手に入る。
でも出て行くことばっかり。
4月は失費がかさむこと~!
マンションだけど賃貸の更新が今月…。
車の税金が4~5万…。
ガスも税金も払わないと…いい歳こいてどんな生活じゃ!
今日はさすがに少し外出。
桜が満開…8~9分咲き。

屋上で軽い体操。
クリックは60だったり、121だったり、
最後180…当然ウラウラに聴く。
これは気に入った!
どんな速いテンポでもoffを…4拍子もへったくれもなく、
とにかく後ろの方、ウラウラを難なく取れるようになることが、
上上に向かうビジョンにつながってくるはずだ。

例えば…メトロノームを60に鳴らして歩いてみる。
この時は「on」「off」関係ない。
次にメトロノームえお倍の早さ、
つまり120にして同じスピードで歩いてみる。
感じが変わるはずで、この違いが、
リズム・ビートを感じるときと相対性理論と、アルキメデスの原理と、
…え~と~それから~ピタゴラスとテコの原理…かな~???

どう違うか?
メトロノームが倍のテンポで鳴ってくれた方が、
躰がシャキッとした感じで、歩きやすくなっている。
…って、これ皆に当てはまらないとこの説を唱えることが出来ないんだけど…。
どうなんだろう?

皆やってみてくれない?
そして感じの違いを教えてくれ~!

同じような実験を、ドラムセットを使ってやってみたことが何度もある。
当然生徒がモルモット…クリックを60のテンポで8Beatを数分Play。
次に120にクリックを上げ、同じテンポでやはり8Beatを…。
「どっちが演奏しやすい?」と聞くと、
9割に近い確率で後者という答えが得られる。
やはり後押しをしてくれる「何か」が合った方が、
「ここだよ・ここ!」というポントが探しやすい…というか…。
階段を上るときに押し上げてくれるようなチョットしたEnergyというか…、
あ、階段を降りるときは良いですから…っていうか…。
あ~、疲れてきた。
sakura1.jpg


未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>