ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

オフビート&シェイカー

いきなりだが、飯の量を増やそうと思うようになった。
でもデッパラは嫌だからして、ウォーキング&軽い運動エクササイズはなるべくやるようにしていて、
今日も午前中行ってきた。
原稿ネタも思いついたので、それを忘れないようメモを取りながらエクササイズをこなしていく。


原稿ネタ…未完成


beat感の無い民族が、
onにばかりクリックを聴きすぎると、offとのバランスが取れなくなり、
悪い部分を増長する事にもなりかねません。

onばかりでなく、off、after Beatなど、
タイミングに聴く事、いろんなoff beatを歌い、感じる事、
しかもストレス無く、アソビ感覚で出来たら体内リズムボックスはアップグレードを増し、
楽器を演奏する祭に於いても、カラオケで唄を歌うにも、
シェイカーやマラカスをガッテャガッテャ演るにも、
ココチ良さは倍増されるはずです。
それはリズムの安定につながり、
それは許容範囲の広がりを意味します。


今日のエクササイズ「off beat ウォーキング&シェイカー」
クリックをユックリ目の90、これをoffに聴き、ステップはon。
そして今日はナント、シェイカーを取りだして歩き始めた。

後ろから見たら黒人Funkニイチャン。
前に回ってみたら、ただの日焼けした怪しいオジサン(ホットケ!)

とうとうシェイカーを取りだし、
5つのグルーブ&パルスを演じ始めた。
「まずは4分音符、ジューアァー ジューアァー … 8分はジュッッジャ ジュッッジャ… 
3連はジュゥア ジュゥア ジュゥア ジュゥア … 」
向こうに子供が数人、川辺リズムで遊んでいる。
このままエクササイズしながら行ったら面白いな!
とそいつらにシェイカーの音が聞こえる寸前までwalk、
「このまま続けていったら…ウケる!」思ったが辞めた。


多摩川沿いに到着、
いつも荷物を置いて、簡単なExerciseをするときのベンチには先客が・・・・。
沖縄楽器サンシンを弾きながら何か歌ってる。
空振りサンシン!バッターout!なーんて・・・・。

ストレッチのときも90でクリックは鳴りっぱなし。
腹筋のときも鳴りっぱなし。
90のクリックを「ウピッ ウピッ ウピッ ウピッ」
16分のウラに聴きながら腹筋。
「1~2~3~4~」以前カウントは、
力を入れるポジティブのタイミングだったのが、
も足を伸ばしたネガティブのタイミングにカウント。

beatの感覚で言うならば、
ポジティブが「on」
そしてネガティブが「off」である。

ちなみに呼吸も吐く時をポジティブ、
すう時がネガティブということが、トレーニングの本に書いてあった。
共に大事なポイントであることは言うまでもない。

90のクリックを「ウピッ ウピッ ウピッ ウピッ」
16分のウラに聴きながら…、
それは背筋のときにも守られた。

そうこうするうち、
エクササイズを紹介するのに、テンポを設定し、
実際それぞれのテンポで歩いてみて、
そのFeelを確認したくなった。
自分自身が感じたFeel、
それと、他人からの見たらどう写るのだろうか?
と、いったようなことを、
オレの貧困な想像力で解明してみることにした。
あくまで私個人的な推測ですからあしからず・・・・。

当然これは原稿ネタとなる。


60のテンポでは・・・・(実際それぞれのテンポである感触を味わう)。
老人、病気の人、悩みながら歩いている人・・・・etc,

65、景色を満喫しながら歩いている・・・・やはり老人。
家計、あるいは不倫、悩み多き買い物帰りの主婦。

70、若者がこのテンポで歩いていたら、
「ノンビリ屋」と噂になる。
陣性を噛みしめながら想い出に浸りながら歩く、
ナルシストをロマンチストと勘違いしている老人(将来のオレ・・・・ホットケ!)。

75、恋に悩みし若人、
持ち帰る事を頭に入れず、沢山買い物をしてしまって、
自分のオバカさ加減に呆れながら重い荷物を両手に持って帰る歳をいくらか召した主婦。

80、元気な老人、ユッタリとした歩き。

85、この辺から見た目も自然だと思われる。
となりの人と話しながら歩いているテンポ。

90、お散歩の前のウォームアップ的ややユッタリしたテンポ。
有酸素運動にはチョット足りません。

95、普通の歩きに近い。

100、普段オレの歩くテンポ。
悩みが多いとやや遅くなる。
だからいつも遅い・・・・ホットケ!

105、この辺から脈拍は上がりだし(オレの場合)有酸素運動に適してくる。

110、やや急ぎ足。
メモが読めない…中断!

120、


125、

130、

リズム日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>