ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

又病気〜&ジャズドラム


ジャズドラムの生徒のじじ~じゃなくってお歳を召された爺さんの課題、

「VOICE OFF BLUE」を読んで、
ディーク・エリントンを聴きたくなってAmazoった。
ビッグバンドと言えばカウント・ベイシーが大好きだった。
って言うか?エリントンのリズム・ハーモニーなどの要素が当時の私には理解出来てなかったと考えてだ。

ジャズドラムの生徒のじじ~じゃなくってお歳を召された爺さんの課題、
ドラマーは音楽的な意味においても曲の構成を考え(感じ)ながらスイングさせなくてはいけないと32小節の構成が多い中、
最後のAが8小節ではなく12小節の「ALL THE THINGS YOU ARE」を課題とした。
遅いテンポかつテーマを尊重した解りやすい演奏をと考え、
アートテイタムとベンウェブスターの楽曲を掛け、
コンピングやフットワークはなし、
♪~ディ~ン ディ~ン~♪
右手で4分音符をスイングさせることに集中、
メロディーを一緒に歌い、
楽曲を覚えること数回。
慣れたところでテンポが速いが「はじめてのジャズ」というマイナスワンのテイク付きの教材でALL THE THINGS YOU AREに入った~の~だが!
♪~ウ~ンッパパパァ~ ウ~ンンパパパァ~ ッパパパァ~ッパパパァ~~♪
例のイントロで案の定!
ウラから入るウ~ンパパパァ~のパパァ~が、
何度説明し、フレーズを書いたりしても、
パパパァ~パパパァ~ オモテ拍から入るようにシミュレーションされてしまい、
も~♪~ど~にもとまらない~♪状態なのだ。

何か良い方法はないか思案し思いついたのが~
♪~ウパララ~ウパララ~ウパララ~ウパララ~~♪
マイルスの「FORE」だった。
このテーマのリズムモチーフとして使い、
コンピングやソロへの応用に使うアイデアが浮かんだのだが~しかし!
私の所有するマイルスの「FORE」は、
ハーヴィーやトニーがいた時の大好きだった60年代のブっ速いやつ。
~ちなみ当時のWORKINのいントロはウラ拍からのウッパッパラァ~の
パッパラァ~がオモテからに聴こえてしまい、
いまだに~もう♪~ど~にもとまらない~♪なのだ。
~人のことは言えね~のだ~

そしてAmazoったマイルスのアルバム「WORKIN」、
ウォークマンにダウンロードしてレッスン現場で聴くとこれまで持ってなかったアルバムだと気付く。
しかも課題のはずのFORE~思ったより速いじゃん!
さらに~これっWORKINっていうのに~WORKIN入ってないの~?
ユニークなイントロも説明してあげようと思ったのにぃ~。

NHK・FM「キラクラ」を聴いてたら突然イリアーヌが掛かり、
その素晴らしさに速攻でAmazoった。
素晴らしい音楽を生徒たちに紹介するのも仕事ですからね~って言い訳し、
も~病気は~♪~ど~にもとまらない~♪状態だ。

今日も暑いぜ~チャンチャン~!


原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

最近のヒット!

動物園
430最近のヒットそれは~カウント
アフタービートが大事じゃん!
と強く考えていた私だが多くのドラマーが語る
「ダウンビート(小節最初の拍)が大事だ!」の意味が漸く理解出来た。
アフタービートのタイミングはダウンビートであるオンへの意識が大事だと言う、
当たり前の如きことを漸く理解したのだ。

自分における最近のヒットは~練習の時、
あるいは音楽を聴く時にも、
~12341234~カウントすることであり、
「1」の位置を無意識に理解出来るようになる事がポイント。
その効果が昨日シャッフルにしてあるiPod、
バッハの次に流れ出たのが~マイルスのウォーキンだった。
トニーのドラムにハーヴィーのピアノ、
ロンのベースにジョージコールマンのサックス、
休符から始まる例のイントロが、
パッパラ~パパッパラァ~パ~♪
オンから聴こえてしまうのはもう諦めだが、
マイルス~ジョージ~ハーヴィー のソロやバッキングが、
ダウンビートがひっくり返る(ダウンビートの位置、
あるいは拍の位置を間違える)ことなく最後まで聴けたのは初めてかも知れない!
~遅すぎだってぇ~の~
この時に理解したのは、
これまでに数回ひっくり返って聴いていた!
事実であった。
今頃かよ~!

留守録した72hoursdeで動物園が出てきたので今日のオフは多摩動物園に~
この番組ではウルってくるトピックが必ず入っていて人生を考えさせらるお勧め番組ですよ。チャンチャン~!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レッスン日誌


やったぁ〜オフ!
地元長野県塩尻市から固定資産税の通知きてビックラ!
菜々緒(愛車)に乗って常に入ったままになってる「母と暮らせば(坂本龍一)」が鳴りっぱなしです。
映画観てないのに〜
銀行行き残高見てビックラ〜もちろん少なさで〜ダ
オ〜脳〜!
固定資産税払って菜々緒に食べ物を与え何時もの多摩川へ行く。
ウォーキング中レッスンでの記憶が蘇る。
例えばセッションに行ったとしてもドラム譜を渡されることなどなく、頼るは耳と自分に唄いたい言葉だ。

目が何かを追っていると大事な耳にフィルターが掛かってしまい、周りの状況を察知する能力は薄れます。
例えば〜ドツタツドツタツって叩ける生徒がドツタツドツタツって譜面に書かれているのを見ながらプレイをする事にとても違和感があって、ある時期からテキストも、課題曲も譜面無しで出来るように仕上げさせるようにしました。
それを考えたら自分の教えるシステムにはやや満足しています。やはり最初が肝心で、4分音符をどう感じ?どうプレイしたら良いか?と言っても難しいことでなく、
イチトニト〜タ〜ン やタアン 〜 歌わせたりで体はノリの違いを理解します。簡単な音符・2拍のオカズなどを覚えさせます。ドンタンのシンプルなリズムを楽しめたらハイハットを加えて行き、ドツタツドツタツが出来たらそこにオプション「タタ」「ドド」「ウンタカタッタ」などスネアやベースドラムに音を加えて行きます。
「ドツタツドツタツドツタツドツタタは〜」
「ドツタツドドタツは〜」
〜時にドゥツタゥツ〜ハネ系に及ぶこともある〜
歌わせると殆どの生徒はプレイできるようになります。
更にツンツンタンツタ〜などシェイクのパターンを歌わせプレイ出来るようにします。
そして昨日一人目は小学三年(習って四ヶ月位)。
今日の曲は〜イントロ〜A〜B〜C〜エンディング 〜と説明しながらボードに描き。
AはドツタツドツタツBはドンドン
Cは〜と叩いて魅せ、真似させます。
「オカズ四天王覚えれる?」に大きく頷き4種類歌わせて中から今日のオカズを決めて仕上げて行きます。
譜面使わない方が早く!
しかも感を鍛えながらプレイを学びます。

次のクラスはクラシックパーカッションのお姉さまは仕事で休会、他は・ピアノ講師・女子高生・おっさん
一回のレッスンでイントロとエンディングに少し難しいキメがある某テキスト曲を譜面無しで仕上げました。
しかも譜面にないシェイクや前回やったハットオープンなど私がプレイしたのを出来る人は聴き取って真似します。
後でシカケ以外は普通の8ビートが描かれた譜面を開かせ「みんなの方が良いじゃん」
これで良いのだ〜チャンチャン!

原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

想定内の音



424想定内の音
レッスン続き疲れが~今日はゆっくりの出なのでウォーキングしようと思ったが、
腰の腰痛がヤバい気がして取りやめストレッチに時間を割く。知人が腰痛には開脚が良いと言い本をAmazoったが、違う知人がヒーリングバックペイン(早い話が~気のせい?っそんなあほな~でも気になる)が良いというのでそれもAmazoったユージは今日から読み始めます。

信頼すべくはアナログなり、
スケジュール帳の以前トラブった経験からメインはアナログで、それをiPhoneとiPadにリンクさせています。
で~デジタル手帳なのにアナログとはこれいかに~?
何せレッスン手帳がバカ重いのです。
この間お礼の葉書を書こうとしたら、
凄くめんどくさく、しかも漢字は忘れるてるしミミズが這いずったような、
自分でも解読不明象形文字だしで、どうしたモノか? 
と考え手書き入力の電子手帳を衝動買い!
出たぁ~また病気!
これ一つのアイテムで全員のレッスン内容がメモ出来ちゃうってスゴくないっすか?
~又例によって元の手帳に戻ってる可能性~大~オ~脳~!

◆想定内の音~昨日のレッスンにて~ウォームアップに1(4分音符)~8(32分音符)のスティックコントロール。
書いてあることをプレイするのではなく音を想定してプレイすべきだと考える私は、
♪~トゥ~ タァ~~♪(右手を「トゥ」左手を「タァ」)と歌わせてからそれをプレイさせていきます。
しかも脱力がうまく出来ているか?手首の使い方は?
その時々の身体の動きにも注目します。
遅いテンポにおける4分音符などは腕全体を使い、
スピードが速くなるに従って肘の位置が止まり、
さらに16分音符位から手首の位置が止まる筋肉の使われ方に注意を常に払うのです。

例えば3連符は~
◆     ◆
トゥタァトゥタァトゥタァ
◆   ◆   ◆
トゥタァトゥタァトゥタァ
歌い方(アクセント・意識・イメージ)次第でノリ(2分割・3分割)が違います。
~これをダブルストロークでもやらせると、ポリリズム的要素となります~
16分音符は♪~トゥタァトゥタァ~シングル
♪~トゥトゥタァタァ~ダブル
パラディドルは♪~トゥタァトゥトゥ タァトゥタァタァ
小学生のクラスで「かっこいいだろ~」とドラムセットで叩いたら、
「すげぇ~」
「ウワァ~!」
「神ってるぃ~」だって。
しかも!
次の週には全員覚えてきた事の方にオレはびっくりしたぜ。

5連符は~
まずは五個ずつの塊を感じさせる歌い方~♪~タケタケダ タケタケダ
~ちなみ6連符は~タケダタケダ~タカダノババ~7連符は~タケタケタケダ~
と歌わせスピードとその感覚をイメージさせ、
それを両手「トゥ タァ」の歌い方に変えていくと~
◆          ◆
トゥタァトゥタァトゥ タァトゥタァトゥタァ
となります。
これもダブルでやると~ウッシッシ~なのだ。

左がタァなのにはスネアを多用するからという意味があります。
さらに♪~トゥタァトゥトゥタァ や♪~トゥタァタァトゥタァ
とデザインを変化させ、
さらに右手部分をベースドラム・ハイハットフットなどフットワークにも変えていくとスゴく有意義なエクササイズとなるのです。

常に想定内の音を、そのためにも歌う!方法は
メトロノームに合わせ、
ただ正確に~っていうザンネンな練習法からの反省から生まれたのでした。
どんな練習も音楽的でないと意味ないと私は強く思うのであった~チャンチャン!
原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |

明後日はR・W・Shop~!

ウォーキング&スローなスロージョグ&軽い軽運動中でも、
日曜の「リズムワークショップ」のアイデアをメモる。
今回はもっとシンプルに、
そして毎回上手く出来なかったローテーションを考える(準備したようで足りないケースが~ザンネン)。

リズムワークショップ・レジュメ用メモ

理屈?
と言うよりも法則を教えようとしている。

より高きgrooveへの道は永遠なり~!

三ヶ月かけて減らした体脂肪と内蔵脂肪が、
ここ最近のヒマなことと食に目覚めたことによって1週間で元に戻った~オー脳~!


家のPCの前でアイデアを練るよりも、
外に出た方がグッドです。

ドラマーである私は音楽を聴く時、
全体を聴きながらドラムパートを歌ったりしながら音に参加していることが多い。

例えばバラードの場合、
ディ~ア ディ~ア ブラシを意識したり、
ツウウウカッドドウウウンカ 16ビートなどドラムパターンを意識したりだったのだが、
油断がいまだ多くザンネンなユージは考えついたその処方箋が~
「カウントする」である。

Be-bopのハヤイ4ビートも~
12341234~
バラードも~
イチトオニイトオ~
カウントするようにしたら正確度が増した。

以前「ハイハット3個目にスネアドラムですね?」
と聞いてきた生徒に「カウントすると左脳が優先されるからダメ」と言った過去もあり、
レッスンでは生徒に、
「カウントするな、よく聴いて感じろ!」
と言っていたが
これからはカウントさせる事も、
楽曲フォームのカウントも、
時として必要である事を認めました。
専門ではないのだが、
演奏などにおける右脳左脳の関係は私にとって興味深い範疇であり、
「音楽をプレイする時は右脳が優先されるべきだ!」
という確信を持ってたのだが、
右脳人間の私は、
左脳のい在り方視野に入れたほうがバランスがとれることを最近理解したのであった~もっと早く気づけって! 

演奏家にとって大事な三代要素!
・spiritua
・technical
・mental
全ては~バランスを知り、
それらはコントロールされるべきなのですね。

もっともカウントは練習の時、楽曲をmentalの部分で理解したい時であって、
本番ではカウントよりもパターンをイメージして~?
でしょうかね?


〇「on」「off」「tension」「release」のメリハリがリズム、フォームの基本。

groove~「ココチ良さ」における要素!
・各楽曲リズムに対するフィット感=正確性が全てではないが、
そのためにも「subdivision」ビートの細分化もポイントである。
その為にも~カウントすることからビートにおける味付けを理解する。

・躍動感リズムの法則を知ること!
「躍動の法則」=offにテンション~躰で理解するには、運動的な要素が効果的です。

まずは「スーパーセット」でウォームアップ。
具体的に「ハネる」「ハネナイ」を体感する。

スーパーセット【A】4分音符。

◆五つのgroove&pulse
・1~  2~  3~  4~
・1 ト 2 ト 3 ト 4 ト
・1タタ 2タタ 3タタ 4タタ
・イチトオニイトオサントオシイトオ
・イッチトッオニッイトゥオサァントッオシッイトッオ

◆click(50~Up)
・手拍子
・スティック&練習パッド
・シェイカー

◆パート分けしこの日の課題曲
・オンビート(手拍子・カウベル など)
・アフタービート(手拍子・スネアドラム)
・ダウンビート(手拍子・ベースドラム)
・オフビート(手拍子・シェイカー・ハイハット)
・タンタタ波形色々 ~ etc、

■課題予定曲
・It's Too Late(キャロルキング)
・How Do You KeepThe Music Play(クインシー・J)
・saving All My Love For You(ホイットニー)
・Gratest Of Love All(ホイットニー)
・~etc.~

★「Latin」
今回欲張って・ブラジル系と・キューバ系両方~?
◆   ◆   ◆   ◆
イチトオニイトオサントオシイトオ

◆ ◆ ◆ ◆
1&2&3&4&

◆(ビート)を大きい塊(緩やかさ)、
 小さい塊で感じ(スピード感)、
 両方を同時に感じる。
身体におけるビートの取り(ノリ)方から学ぶ。

・groove・gym(身体の上下運動・onで上)& 手拍子orシェイカー
 これもoffにテンション=躍動の法則、 
 足りないオフビートを鍛える。


★「ジャズドラム」
やっぱスーパーセットからBluesへ~?

今日もOff、さ~て~レジュメ作成へ~!

http://www.yamano-music.co.jp/docs/school/adult/course/osusume.html#drum_yurakucho
原稿ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>