ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

913MURAMAMIS MANBO

913MURAMAMIS MANBO
「指揮者にすすめられて客席から演奏を聴いたクラリネット奏者がいる。そのとき彼は、初めて音楽を聴いた。その後は上手に吹くことを超えて、
音楽を創造するようになった。これが成長である。仕事のやり方を変えたのではない。意味を加えたのだった」

ドラッカー名言より…

いやぁ~今日もヘロヘロ。
金~土~日~結構ヘビーなクラスがあるんです。
それとも体のどこか悪いのかなぁ?

ボサノバをレッスンに取り入れた。
しかし~難しさに…クラスはドン引き~!

いくら自分が良いと思った練習法やgroove(ノリ)でも、
場合によっちゃザンネンな結果となることは多いのです。

「このままレッスン終わったらマズい」
と考え生徒にplayさせながら、
iPadのiTunesのデータを見る。

MURAMAMIS MANBOに目が止まり、
これを次のターゲットとした。

「村上龍に捧げたマンボだよ~」
「えぇ~?」
彼は昔からキューバの音楽に精通していて、
キューバのバンド、NG(エネヘ)ラバンダを日本に呼んだりしていたのだった。

次回のレッスンはこれかな~?

店長に「中野先生カホン教えられますか?」
「…」
「もしかしてクラスを作るかもしれないのです」
備品を用意してくれそうな気配に、
「やりますやりますやらせてください下さい」

~カホン~やったことないのに返事をした。

特訓すれば~キット何とかなる。

カホンは寝て待つ~それで良いのだチャンチャン~!

レッスン日誌 | コメント:0 | トラックバック:0 |

リズムワークショップ〜皆真面目に学んだ頂きました!

リズムワークショップ



いきなり一句
〜 痛タイタァ〜 コムラがえしで目が醒める、

その後眠れなくなりしょうがないので今日リズムワークショップのシュミレート。
テーマが決まった!
体内メトロノームを体内RythumBOXへ〜アップグレードぉ〜!
そのためには〜 OFF指数をUP

過去のザンネンだった頃と今のgrooveを手に入れたその違いを分かって貰えば良いのである。
今日も終わったら、キット絶対ヘトヘトだろうなぁ〜寝不足だしィ、
さぁ〜て、どうなることやら?
ウッシッシ(笑)

そしてェ・・・・
イヤぁしかし撃疲れ〜 でも皆真面目に集中し学んでくれたようでした。
ある人は「ダンスやってるんだけど、先生の講座で点と点が線で結ばれ理解出来ました」っていう嬉しい感想もあったり、
帰り際の表情でまぁまぁの講座だったことは判る。
さぁて〜美味いモンでも食いにィ〜?
行ったとさぁ〜チャンチャン〜!

レッスン日誌 | コメント:0 | トラックバック:0 |

◆【音楽のリズム構造】

音楽のリズム構造

ヤバ〜風邪引いた〜カモ。

今日の独り言〜
「となりの〜トロロ定植」

昨日、中央線豊田駅出発メロディ〜は焚き火だった。
♩〜○○ネ○○の曲がりかど〜焚き火だ焚き火だうれしいな〜♩
この〜○○の部分が〜どうしても思いされなく、
お肌のお肌の曲がり角〜って文句が浮かんでしょうがなかったぁ!

オー脳〜!

「音楽のリズム構造」Amazoル〜。
http://sakkyoku.surukotoba.com/sakukoto3025.html

先日体験Lessonにてユニークな出来事!
「ツンツンタァツタツタツンタァ歌えたら叩けるんだよ〜」
っと話してら〜
ツンツンタァツタツタツンタァ♪叩けちゃったのは、
スティックを始めて持った初心者である。
それもこれに似たコトが何回かあったのだ。

面白いことでその後できなくなってしまう。
脳との関係なのだろうか?

何の先入観もない的に出来てしまい、意識したら途端に出来なくなってしまう。
楽器に限らず、何かを最短で習得しまえるしてしまえる法則のようなものがあるような気がする。

ちなみにこの生徒は昔教えていた生徒の知り合いと言った。
オレのコトを「良い先生」って言ってくれたと思ったらそうではなく、
「オモシロイ先生だって言ってました」だって〜ガクッ!

レッスン日誌 | コメント:2 | トラックバック:0 |

【Lesson日誌】4/7

【Lesson日誌】4・7
最近、毎朝に近く悪寒と頭が頭痛〜!
これって〜 変?

週末になると疲れもピーク!
Lesson終了近くなるとヘロヘロっです。

昨日も上手い具合に(?)Lesson終了

11:00〜13:00のクラスも、
14:00〜16:00のクラスも〜ドッカンドッカン〜ウケた!
〜なんだってぇ〜そう思ってるのはお前だけだぁ〜確かにそうかも知れねぇなぁ〜

毎回Lesson録音しているKさん〜「この間Lessonの録音を電車の中で聞いたら大笑いしちゃいました〜」だって。
もう一人のやはり毎回録音してるK(あぁ〜こっちもKだった)さん。
ヴォーカル発表会で落ち込んだ話に、
「周りを聴かなきゃダメ〜だけど合わせようと思っちゃだめだよ〜」
他、良いと思われるアドバイスをする〜
「あ!いけない〜録音するの忘れた!」
と言ってスイッチを入れると〜またまたオイラのダジャレが始まってしまった〜
ガハハ!

そして今日もLesson〜
先日生徒のNさんがお亡くなりになってしまい、
六月に予定していたドラムでの参加は叶わぬ夢となってしまった。
すると、息子が母の思いを引き継いでドラムをプレイしたいと言うことで今習いに来ています。jazz2曲、Latin一曲、3ヶ月弱におき、
果たしてドラム始めての息子の出来栄えは?
こう言った場合〜ダジャレなど出している間がないのである。
「もっと集中して」「それじゃダメだよ!」
息子は真剣に食らいついて来る。

きっと〜良い結果を生むであろう〜が、
オレは当日〜胃が痛いであろう〜!

そして昨日、今日と体験Lessonが入り、
二人ゲット〜!
ヤ◯ハのシステムとして体験Lessonをした時、
どのようなLessonをしたのか?レポート提出が義務付けられている。

それをここに発表しちゃおうかな〜?

【愛媛で1年4ヶ月ほどドラムを習っていた女性です。
自分は基本フォーム・リズムのことを大事に考えるという話をして〜「on」「off」「tension」「release」(オモテのリズム・ウラのリズム〜いつ握るか? いつ脱力するか?)のメリハリ=基本フォーム・grooveへの近道〜と説明してから〜
「1ト2ト3ト4ト」させながら4分音符 (カウントすることで「on」「off」を体が理解)素振り。慣れたところでスネアドラム〜タムにて4分音符を音源に合わせプレイしました。
ベースドラム・ハイハットのフットワークの説明した後、
ダウンアップ(ドラムをよりよくプレイ為には必須の奏法) の重要性を語り、
4分音符を基本としたシンプルなリズムパターンを紹介、(決して難しくなく基本が出来てるとダウンアップへとスムーズに移行出来ます)テンション・リリースのメリハリが良いと自然とダウンアップが確立されるのを理解して頂きました〜】
〜以上〜!

たまには酒抜くべぇ〜ってんでお香をたき、
音楽は〜波の音〜。

寝られるといいんだけど〜チャンチャン〜!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

レッスン日誌 | コメント:0 | トラックバック:0 |

■今日の【Lesson日誌】

ウォーキング葉っぱ
【Lesson日誌】エレクトーン講師のI女史。
Jrドラム教えて欲しいのでグレード受けて欲しい〜っという店から達し。
先生のLessonを受けたいと言って入会。
でもやっぱりグレードも良いけど「groove」も教えたいのでoff beatの大切さを語り、
clickを「off」のタイミングに聴きながらplayしたり、
踊らせたりしてLessonは進み、目標のグレードを数カ月で取得。
「グレード取れたからもういいよね〜?」にもっと続けたいと言い、今現在もレッスンは続いている。
センスは良い、譜面も強い。
しかしそれらが災いし、私の思う音楽的なプレイと程遠く、
譜面を取り上げたり、踊らせたり
フォームを矯正したり、周りをもっと聴きなさい〜アドバイスしたりでどうにかいい感じとなって来た。
今日のLesson終了後、
12月最後のLesson来れないから出来たら補講お願い出来ます〜?って言ってきた。
アレェ〜以前Lessonに来れない時があり「補講してあげようか?」と言ったら、
「自分の用事なので結構です」と言っていたIさん。
「補講しなくても良いって言ってなかったけ?」に、
「だってドラム面白くなってきたんだもん〜」
補講〜やってあげよう〜!
若い女性の場合は〜ってコラコラ。
そう言えば、 やはり同じ現場でエレクトーン講師が習いに来ていた。
共通するのは、ついつい譜面を頼ってしまうことだった〜!
やっぱり譜面を取り上げたり踊らせたりし、時間を掛けたある日、
「お陰様でgrooveを理解して来たようです」
「ああぁそう〜それは良かったね〜」に、
「ええぇ〜でも〜ショパンが弾きにくくなりました〜」
だって〜チャンチャン〜!

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

レッスン日誌 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>