ドラ親父・ユウジの一人ゴッツ

Swing&Grooveは一生モノなのである。 ドラ親父のRhythm日記

polyrhythm607

607脊柱官狭窄症~?

昨日久しぶりに酒を抜く。

ご褒美は金目鯛煮付け定食~どぉだぁ~い~似合わないだろぉ~。
~何か自分に褒美しないと酒抜けない程の依存症かよ!

抜いた日はよく寝られるよう睡眠剤を活用します。
今回特に良く効くように倍の2錠にしたら~テレビ点けっぱなしで爆睡してたワ!
~ウケる。

よく眠れたせいか体調はすこぶる良いいようだけれど、
足の痺れが残る今日も整体へと向かった。

いやぁ~しかし一昨日。

ライブ中に両手がツり、
足が痺れだしときはホントどうしようと思ったよぉ。

演奏中に立ち上がってストレッチするわけにもいかずイヤ~まいったマイッタ。

これほどヒドいのは久しぶりなので思い返してみたら(暇だね)、

2年前はリハーサルの帰り(リハ中もツってた)関内駅に到着する寸前に両足が痺れ動けなくなった(5~10分ほどで治る)。

そして去年はコンサートの帰り奈菜緒(愛車)の運転中立ちションしようと空き地に乗り入れた途端、
両足が痺れだし動けなくなり、
マジ~ヤバかったです。
立ちションもヤバかったっす。

この時空き地に入らなかったら~もしかして大惨事?

立ちションもよおしたおかげか~チャンチャン~!


●7月6日水曜日~Live at the OrganJazz倶楽部
The impressions~フライヤー制作に入るユージですぅ~


お待たせ~してないかも知れませんが・・・

◆【polyrhythm】第三弾!

譜面にすると・・・ムズイ!

出しておいて何ですが~「いきなりやってはダメよ!」
~この辺が簡単にできちゃうのならば良いですが~

まずは①一段目がポイントとなります。
まずやって頂くべくは、
どう身体に仕込ませるか?です。

まず歩きながら~

1  2  1 2 3
・  ・  ・ ・ ・ 

カウント出来ますでしょうか?

更に高低(パート・音階を変えたり)を付けたりしていくととてもユニークなリズム遊びとなっていくのです。
この辺を頭ではなく、身体が理解すると、あのエルビン・ジョーンズや、
ジャック・ディジョネットがどう歌っているのか?
理解する所となるでしょう。

ホンの時たま、珍しく調子の良い時、
beatの塊が大きく(1拍~2~4拍)感じられた一瞬、
とてもじゃないが譜面には表せないようなフレーズがたたき出された瞬間がありました。

それはこのようなリズム遊びから来たのだと思うのですが・・・続く~公ご期待!

2分割とかpolyrhythmとか、
生まれ持っている人達は分析などしないだろうな~憎い~チャンチャン~!


polyrhythm607

polyrhythm | コメント:0 | トラックバック:0 |

polyrhythm 第二弾~!

ポリ86

今日もOff~ウォーキング出かけメモしてたらジジイに抜かれたのでメモをしまい、
追い抜き返したユージですぅ~ 気分良かったユージはやっぱ病気っすか~?

笹島さんのDVD~たった2音(G7における7度Bと3度Fの音)だけでBluesを、そしてソロも~面白い!

ユニークなのはコードネームをみてコードを弾く、
や、スケールから入るのでは無く、
3度と7度の関係を音として捉え(覚え)、
スライドさせていくと~C7や他のコード(まだ行けない~ザンネン)のサウンドがする~である。

こう言ったこともドラムを教えるヒントにもなる~頑張るぞ!

でもオレの場合時間掛かる。
今日も6回目同じところを観て少しずつ理解。
まだAmに行けてない。
ぜんぜんアーマイナー ってワケにはいかない~ザンネン!


◆polyrhythm第二弾~!

お待たせいたしました~polyrhythm第二弾~!ですぅ~えぇ~誰も待ってなかったって? 

課題を出しておいて「まだやっちゃダメよ~」のそのワケは?

一回でもタイミングが悪いと脳はそれを記憶し、
再びそのザンネンなタイミングを叩こうとするからです。
そのデータを削除する時間はロスとなるのです。

その為の効果的なエクササイズに「トリプレットリーディング」があります。
ジャズドラム御用達「シンコペーション(SYNCOPATION・By・Ted Reed)」にあるパターンを3連符に当てはめていくのです。
~8リーディングは8分音符に~

言葉では理解が難しいと思いますので譜面にします。

●「課題1」~6/8 のクラーベです。

タイミングがザンネンなのはbeatの細分化が出来ていないことを意味します。
したがってこの「トリプレットリーディング」が余裕で出来るようになった時、
ココゾ!というタイミングを脳が、そして身体が覚え、
そのタイミングを音として響いてくるようになるのです。

しかし! ここでも注意が必要となってきます。
油断すると、手順等にミスが出るからです。

とは言っても、いきなりトリプレットリーディングするのは難易度が高くとても危険です。

まずはゆっくりシングルストローク・オルタネート(左右交互)で3連符をプレイし、
クラーベのタイミングは左右どちらの手となるかを記憶します。

油断するとついつい利き腕の方が優位に立ってしまったりするので注意しましょう。
~スティックで練習パッドやスネアドラムでも、自分の膝を手で叩くのも当然同じ効果が出ます。

どうでしょう?
そして当然その先にはより効果的なexerciseが待っています。

polyrhythm第三弾~公ご期待~えぇ~別に待っててね~ってえぇ~?
そそんなぁ~チャンチャン~!
polyrhythm | コメント:0 | トラックバック:0 |

polyrhythm第一弾!




polyrhythm | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |